フランツ・リストの名言 Franz Liszt

フランツ・リスト(Franz Liszt)Wikipediaより

私を真似てはいけない。
私のやり方で私は成功出来たが、あなたはきっと失敗するだろう。
これは私だからできたとしか言えないのだ。

フランツ・リスト Franz Liszt

ハンガリー出身のピアニスト 作曲家 1811〜1886


フランツ・リストさんの言葉です。

重いピアノで一日6時間弾け!


指が5本ついている手が2つあると思うな。
身体から10本の指が生えていると思え。


誰かの真似をしようとしても、それでは技術的なことを身につけるにも、大きな苦労をして高いレベルに到達できず、物事の本質に至るのも難しくなります。

アスリートでもそうですが、学んでいくのは本質的なことにして、後は自分の得意、個性を生かして深く探求していくことです。

人間は表面的な、技術的なことばかりを学び、真似しようと躍起になりがちですが、これが本来の素晴らしい才能、能力を封じ込めることになってしまっています。

学ぶのは常に本質です。
もっと言えば、自然界の自然と言ってもいいでしょう。

その本質を自分に与えられたものでどこまでも深く追求していく。

どんな能力、技巧も必ずあなたにしかたどり着けない領域があります。

そこに手を伸ばしていってください。

誰かの真似を追求していくことではそこには至れません。

自然とあなた自身の探求。
自然界での人生の最大の愉しみですね。

フランツ・リストさんのこんな言葉もありました。

私はピアノのパガニーニになる!そうでなければ狂いそうだ!


これまで紹介したフランツ・リストさんの言葉です。

(浜本哲治)

1884年フランツ・リストと生徒たち Wikipediaより
1884年フランツ・リストと生徒たち Wikipediaより

LINEで送る