高杉 晋作の名言 Shinsaku Takasugi

高杉 晋作(Shinsaku Takasugi)Wikipediaより

人間、窮地におちいるのはよい。
意外な方角に活路が見出せるからだ。
しかし、死地におちいれば、それでおしまいだ。
だから、おれは困ったの一言は吐かない。

高杉 晋作 Shinsaku Takasugi

長州藩藩士 倒幕運動の志士 1839~1867


高杉晋作さんの言葉です。

苦しいという言葉だけは、どんなことがあっても言わないでおこうじゃないか。


真の楽しみは、苦しみの中にこそある。


人間は思考が働いているうちは、ごく僅かな情報しか持っていない思考に囚われすぎて、新たな道はなかなか見つけられません。

しかし二進も三進もいかなくなって、考えることがオーバーヒートしてくると、思考を手放すことを余儀なくされて、そんな時にふと閃いたりするものですね。

難行苦行をするのも、この思考を手放す境地に追い込むことが目的だと言ってもいいでしょう。

逆に言えば、思考を手放す術を身につけていけば、閃きなどは意図的に引き出すことができるようになります。

窮地に追い込まれた時も、この術を実践していけば苦悩を長らえることが少なくなります。

しかし思考を手放す術を身につけていても、そうでなくても、潜在能力を引き出すことでは窮地に追い込まれることは歓迎すべき状況ですね。

もちろん感情も感じるでしょう。

ただ自然界の自然に沿っていれば、自然界の本質を真に理解できていれば、感情を早々に手放せて歓迎すべき点だけを見据えることができます。

ぜひ感情的に苦しみ、苦悩と感じられる状況を楽しめる感性を身につけてください。

一瞬でそこにフォーカスできるフォーカスシフトを身につけてください。

これまでに紹介した高杉晋作さんの言葉です。

(浜本哲治)

萩市の晋作広場にある高杉晋作立志像 Wikipediaより
萩市の晋作広場にある高杉晋作立志像 Wikipediaより

LINEで送る