ロバート・コンクリンの名言 Robert Conklin

ロバート・コンクリン(Robert Conklin)Amazonより

あなたが怒りを抱くのは状況のせいではありません。
あなたの状況に対する反応のせいなのです。
あなたを怒らせるのは人のせいではありません。
あなたのその人に対する反応のせいなのです。

ロバート・コンクリン Robert Conklin

アメリカの生涯教育家 作家


人間は感情の生き物ですから喜怒哀楽を感じます。

これ自体は、人間に与えられた素晴らしい才能ですから大いに味わった方がいいですね。

最近はポジティブ思考で。と意識するあまりに感情自体を抑え込もうとしてしまうケースも見かけますが、これはあまり良くない傾向でしょう。

哀しみや怒りの感情を抑え込もうとすることで、喜びや楽しみの感情をも抑え付けることになります。

また感じる心は感性ですから、感じることを鈍感にしようとすることは、感性を研ぎ澄ましていくことにもいい影響を与えません。

感情は大いに感じるべきです。問題はそこからです。

そもそも目の前で起きる出来事は、この言葉にもあるようにあなたの感情がどう捉えるかだけです。

同じ出来事でも、あなたには怒りの感情が湧いても、別の人にとっては喜びの感情をもたらすものかもしれません。

またその同じ出来事で、ある一面を感じれば哀しみを感じても、別の角度から見ると楽しいことに感じられることもあります。

人間は自分に降り掛かった問題でなければ、かなりその出来事を俯瞰することが出来ます。

家族やお友達の悩みの相談を受ける時は、客観的に冷静にその出来事を捉えることが出来ますが、いざ自分に降り掛かってきた問題で、特に怒りや哀しみの感情に触れてしまうと、途端に視野が狭くなり思考停止状態になって、とても俯瞰することは出来なくなります。

ここがひとつの心を磨くポイントですね。

感情に触れさせることはいいのですが、特に怒哀の感情はいつまでもその感じに引きずられて心を乱していると、次に向かう気力もエネルギーも湧いて来ません。

まずは一刻も早く囚われてる心を開放してあげることです。

そしてどうでもいいことは一刻も早く忘れてしまうか、本来向かうべき夢に心を向けてください。

感情が落ち着いて余裕が出てきたら、その出来事が起った要因や、それが何を言おうとしているのか、どこに導こうとしているのかを感じてみるといいでしょう。

起こることはすべて必然で必要で最高のことですから。

そこから感じる、学ぶこと、これが出来ることが本来のポジティブ思考ですね。

すべての出来事から大いに感情で感じて、瞬時に心を切り替えてどういう意味を感じ取り、何をどの位の深さで学べるか。

これが心を研ぎ澄ますために本当に大切なことです。

これまでに紹介したロバート・コンクリンさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る