上杉 謙信の名言 Kenshin Uesugi

上杉 謙信(Kenshin Uesugi)Wikipediaより

四十九年 一睡の夢 一期の栄華 一盃の酒

上杉 謙信 Kenshin Uesugi

戦国時代の武将 1530~1578


この名言は上杉 謙信さんの辞世の句と言われています。

自然界の人生はほんとにあっという間ですね。
それはこれまでの人生を振り返ってみても明らかでしょう。

自然界の存在には必ず最期の瞬間が訪れます。
その瞬間がいつ訪れるのかは誰にも分かりません。
だからこそ、唯一自分の自由にできる目の前の今に集中すること、そこに幸せを見出すことが大切なことになります。

未来の夢に向けてチャレンジすることは重要ですが、その夢の実現は現実のものではなく、目の前の今の中にしか現実はありませんから、全てをそこに注ぎ込み、見出し、感じていくことが大切になります。

過去に囚われ、未来を憂いて、目の前の本当に大切な今がなおざりになりがちです。

どうぞいつになるかわからないゴールだからこそ、自ら仮にでも決めてしまい。
そこまでに実現したい自然界で本来目指すべき夢をイメージして、目の前の今にその実現に向けてエネルギーを全て注ぎ込んでください。

この生き方こそが、自然界の短い人生を充実させて、後悔のないものにしていきますよ。

上杉 謙信さんのこんな名言もありました。

人の落ち目を見て攻め取るは、本意ならぬことなり。

上杉 謙信の名言


我は兵を以て戦ひを決せん。
塩を以て敵を屈せしむる事をせじ。

上杉 謙信の名言


人の上に立つ対象となるべき人間の一言は、深き思慮をもってなすべきだ。
軽率なことは言ってはならぬ。

上杉 謙信の名言


戦場の働きは武士として当然のことだ。
戦場の働きばかりで知行を多く与え、人の長としてはならない。

上杉 謙信の名言


信玄の兵法に、のちの勝ちを大切にするのは、国を多くとりたいという気持ちからである。
自分は国を取る考えはなく、のちの勝ちも考えない。
さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている。

上杉 謙信の名言


これまでに紹介した上杉 謙信さんの名言です。

(浜本哲治)

上杉 謙信の花押 Wikipediaより
上杉 謙信の花押 Wikipediaより

LINEで送る