神谷 美恵子の名言 Mieko Kamiya

神谷 美恵子(Mieko Kamiya)Amazonより

人間が最も生きがいを感じるのは、自分がしたいと思うことと義務とが一致したときだと思われる。

神谷 美恵子 Mieko Kamiya

精神科医 作家 1914〜1979


この一致を感じられたら自然界での人生は最高のものになっていくでしょう。
そしてそれは誰にでも必ずあります。

それと出会うには、あまり思考では考えないことですね。
考えるよりは、今目の前にある出会ったものにエネルギーを注ぎ込んでいくことです。

そうするとどんどん出会いの歯車が動き始めて、必ず天命、天職と感じられるものに出会えることになります。

あれこれ思考で考えたり、中途半端なエネルギーの注ぎ方をしていてはなかなか最高の出会いには巡り会えません。

どうぞせっかくの一度きりの人生ですから、最高に生きがいを感じられることをやってください。
それが自然界の自然ですよ。

神谷 美恵子さんのこんな名言もありました。

人間が生きている間は実に短い。
自分に与えられた時間をどのように生かすか、これが人間に与えられた課題です。

神谷 美恵子の名言


肩書や地位ゆえに大きく浮かびあがる人よりも、そういう無名の人々の存在こそ、世のなかのもろもろの事業や活動に生きた内容を与え、人を支える力となっていると思われる。

神谷 美恵子の名言


どういう人がいちばん生きがいを感じる人種であろうか。
自己の生存目標をはっきりと自覚し、自分の生きている必要を確信し、その目標にむかって全力を注いで歩いている人。言い換えれば使命感に生きる人ではなかろうか。

神谷 美恵子の名言


「自分の存在は何かのため、またはだれかのために必要であるか」が肯定的に答えられれば、それだけで充分生きがいを認める人が多いと思われる。

神谷 美恵子の名言


人が仕事を選ぶ場合にも、もし生きがい感を大切にするならば、世間体や収入よりも、なるべく自分でなくてはできない仕事を選ぶのが良いということになる。

神谷 美恵子の名言


これまでに紹介した神谷 美恵子さんの名言です。

(浜本哲治)

LINEで送る