飯田 亮の名言 Makoto Iida

飯田 亮(Makoto Iida)Wikipediaより

見えざる手というものを、
絶対的に信用しなけりゃダメです。
さもなけりゃ成功できるわけがない。

飯田 亮 Makoto Iida

セコム創業者 1933~


奇跡とは、想像を超えて起こる出来事のことを指しますが。

自然界では、奇跡は起こって当たり前と考えた方がいいでしょうね。

植物たちが育つには、目に見えない微生物なども含め、無数の力に支えられて育てられていますから。

その天文学的な可能性を予測することは、不可能なことです。

人間がその科学などで解明できていることは、宇宙の中、地球上、そしてほんの一握りの土の中のことでさえ、ほんの僅かなことでしかありません。

数パーセントにも満たないものしか、私たち人間は知り得ていないでしょうね。

そんな自然界の中ですから、何がどう作用して、とんでもないことが起こっても何も不思議なことではありません。

あなたが発した言動を、伝えた人の反応は、ある程度予測することは出来るかもしれませんが。

その伝えた人が、さらに誰かに伝える、どう伝えるか、そこで何が起こるか、これだけでももう予測不能ですね。

あなたが発したものは、実際には、もっと多岐に渡って人の心を経由しますし、もちろん環境や気候などの自然が、そのタイミングや、人の心に与えている影響などだけを考えてみても。

人間の思考で及びのつくものではありません。

逆に、やることに対してすべての結果を予測可能であることは、そこに大きな進化や飛躍はないと言うことですね。

もちろん何もしなければ、何も起こらないのは当然ですし、結果の予測可能な行動では奇跡を期待は出来ませんね。

不思議なことや、奇跡的なことは、実は日常的に起こっているのですが。

科学至上主義などに慣らされている人間界では、たまたま。運が良かっただけ。
などと軽視されがちですね。

奇跡も自然の中では起こるべくして起こっていることですから、それこそをしっかり検証してみることで、更なる可能性が見えてくるでしょう。

奇跡を起こすためにやることは、得るために与えるのではなく、惜しみなく与え続けることでしょうね。

あなたが目指している夢は、今のあなたが出来ること、得られることを予測できることの範疇を超えているでしょう。

奇跡を数多く起こしていかないと、たぶん実現しないでしょうね。

見えざる手、奇跡は必然で起こるもので、起こせるものです。

奇跡が起こることは信じるに値するものです。

どうぞ、奇跡を起こせるチャレンジ、言動をあなたの天賦の才、天才で発していってください。

愛は見返りを求めず、惜しみなくが、一粒万倍の自然の摂理です。

そのまま奇跡を起こす法則ですね!

(浜本哲治)

LINEで送る