矢沢 永吉の名言 Eikichi Yazawa

矢沢 永吉(Eikichi Yazawa)Amazonより

年とるってのは細胞が老けることであって、魂が老けることじゃない。

矢沢 永吉 Eikichi Yazawa

ロックシンガー 1949~


人間は身体的には10代をピークに年々老化していきます。

これは間違いのないことなのですが、細胞的にも水や栄養、適度な運動によって維持、向上させることが出来ます。

この影響は、歳をを重ねるごとにその差が大きくなりますね。

見た目の若さや瑞々しさを保つには、内側からの影響が8割を占めますのです。

外側からのアプローチのこだわりの、何分の一かでも口にするものにこだわれば、もっと劇的に若さは保てるのに。と感じられる人は多いものですね。

またもしかすると、口にするもの以上に影響を与えるのが、心の問題化もしれませんね。

アスリートも限界を感じるのは、肉体的な問題よりも心が折れた時に、その寿命が終わると言われています。

45歳くらいまでは20代と同等の筋力を維持できることは私自身も体感しましたから、これは実感としてありますね。

もう◯◯歳だから。。。というような言葉もよく耳にしますが。

相対的な年齢のイメージで、自分をそのイメージに合わせようとする傾向にあります。

そしてそう思い込むことで、脳の指令で実際の細胞もそのイメージ通りになっていきます。

これは年齢のことに限ったことではなく、あらゆることに当てはまることでしょうね。

思い込みの作ったイメージや枠に、言葉や行動が支配されることを見ていても明らかです。

年相応に。ではなく自分相応に。

あなたが今いくつであろうと、あなたの心が夢を、若さを失わない限り可能性はいくらでもあります。

またいくら実年齢が若くても、実現したい夢も持たずチャレンジすることなく過ごしていると、見た目も心も老け込むばかりですね。

人間は生かされてる限り、可能性がゼロになることはありません。

心を老け込ませることなく、常に自分の可能性にチャレンジしていきたいものですね。

私の相棒の樹齢約50年の銀杏は、樹齢が1000年を超える銀杏の世界ではまだまだ赤ん坊ですが。

一年ごとのサイクルで年齢を重ねているのは人間と同じです。

その風貌は、木肌に深い皺を刻んでいて、年々その風格が増していきますが。

その威容を増すごとに若々しくなり、生き生きとしていき、優しさや包容力が大きくなっています。

自然界の木々は、歳を重ねるごとに与えるものが増え、器が大きくなっていく。

自然界の本来の姿を見せてくれているのでしょうね。

人間界はどうでしょうか。
年々強欲になり、経験とともに価値観が固定され、視野や可能性を狭めていないでしょうか。

子どもたちにあんな大人になりたい、あんな風に歳を重ねたい。

そう感じてもらえる社会、自分でありたいですね。

大人が夢を語れず、夢にチャレンジしている姿を見せられなかったら。

子どもたちは何もお手本に出来ませんね。

経験は可能性を狭めることではなく、さらに大きな可能性を広げていくことだということを見せられる時に、初めて歳を重ねることの素晴らしさを伝えていけるのでしょう。

魂が老け込まない限り、歳を重ねること皺を刻んでいくことは素晴らしいことですね。

(浜本哲治)

LINEで送る