五代目 市川 團十郎の名言 Danjuro Ichikawa 5th

五代目 市川 團十郎(Danjuro Ichikawa 5th)Wikipediaより

一日稽古を怠れば、自分が下手になったと思う。
二日稽古を怠れば、相手役に下手がわかってしまう。
三日稽古を怠れば、贔屓筋に下手がわかる。
その段階で、レッテルを張り替えることは、並大抵のことではない。

五代目 市川 團十郎 Danjuro Ichikawa 5th

歌舞伎役者 1741~1806


アスリートの世界でも、
「1日休むと、取り戻すのに3日かかる。」
とよく言われます。

もちろん、休息もチャレンジの重要な要素ですから、身体などを休めることも必要ですが。

実現したい夢や、磨いていきたい才能があるのであれば、意識は片時も逸らしてはいけませんね。

何かを身に付けたり、極めようとしていく時には必ず、必要な毎日の積み重ねがあります。

これを、気まぐれで途切れ途切れにやっていたのでは、いつまでも目指すものは近づいてきません。

根を詰めてやって間を空けるよりは、毎日継続的にやることの効果が大きいものが、あなたの才能磨きや、夢の実現には必ずあります。

基本的な部分、土台の部分を、形成して行くためには、これは欠かせないことですね。

単純に積み重ねていくことは、簡単そうで実はいちばん出来ないこと。
そして、ここで大きな差が生まれるものですね。

やり始めたり、一瞬やることは誰にでも出来るのですが、それを継続していくことが、あなたの夢の実現のための大きなポイントになります。

これは、まずいかに早く習慣にしてしまうかでしょうね。

脳の抵抗を乗り越えて、いち早く習慣にするには「3ー7の法則」を念頭に置いて、チャレンジしていくといいでしょう。

この私が提唱している法則については、
「習慣を簡単に変える方法」
https://www.pt-hamamoto.biz/index.php?Habit

をご覧ください。

そして毎日継続する習慣を手に入れてから、本当の意味でのチャレンジが始まります。

習慣にしてしまって、無意識に継続は出来るようになりますが、ただ継続するだけでは、その積み重ねの効果は大きくなりません。

例えば野球選手が、ただ何も考えずにバットを振る。
サッカー選手がただボールを蹴るだけを、いくら繰り返しても夢には近づいていきませんね。

無意識で始めて、意識と思考を向けた積み重ね。

これがとても重要になります。

案外、始めるのに意識を使わないと始められなくて。
無意識に積み重ねるだけ。
という状況は多いものです。

一度の素振りを、何も考えず無意識でやるより、試行錯誤しながら心を込めて一振りする方が、遥かに効果的なのは明らかですね。

まずは、休まずに毎日継続することを無意識の習慣にすること。

そして、意識と思考をフル活用して、日々レベルを上げた積み重ねを継続していくこと。

評価される、あなたの結果に大きな影響を与える過程ですね。

一度評価されると、それを覆すのには、それまでの何倍もの時間と労力がかかります。

どうぞ、こだわりの過程で、素晴らしい結果を楽しみに出来るようにしてください!

(浜本哲治)

寛政8年に引退する際に出された絵。「一世一代口上」と題して、「当顔見世かぎり隠居仕り候に付き、御贔屓様方へおいとまごいの為口上を以て申上げ奉り候…」と役者を引退すること、さらに孫の市川新之助(七代目團十郎)をのちのちまで贔屓にしてくれるようにと頼んでいる。歌川豊国画。Wikipediaより
寛政8年に引退する際に出された絵。「一世一代口上」と題して、「当顔見世かぎり隠居仕り候に付き、御贔屓様方へおいとまごいの為口上を以て申上げ奉り候…」と役者を引退すること、さらに孫の市川新之助(七代目團十郎)をのちのちまで贔屓にしてくれるようにと頼んでいる。歌川豊国画。Wikipediaより

LINEで送る