レフ・トルストイの名言 Lev Tolstoy

レフ・トルストイ(Lev Tolstoy)Wikipediaより

もし苦しみがなかったら、人間は自分の限界を知らなかったろうし、自分というものを知らなかったろう。

レフ・トルストイ Lev Tolstoy

ロシアの小説家 1828~1910


人間は生きていくために、例えば激しい運動や、長い間の運動をすると疲れや苦痛を感じます。
休息が必要なことを身体が教えてくれたりします。
もしこれを感じないとしたら、人間の身体は簡単に壊れて倒れてしまうでしょう。

病気なども、身体の不調などで身体は必ず教えてくれますから、これは見逃さないようにしたいですね。

そしてこのリミッターは、実際の限界のだいぶ手前で働き出します。
そのまたずいぶん手前に、自分自身で働かせるセルフリミッターがありますから、少々のことでは壊れないように人間の身体は守られています。

この機能のおかげで、今の限界を知ることも出来ます。

また自然界の中で生きる者にとって、喜びや苦痛などを感じることには何らかの意味があります。

起こることに喜怒哀楽を感じるのは、人間に360度操作自由なハンドルを与えられているようなものです。

喜びだけ、悲しみだけだとすると、その先に進む方向が限られてしまいます。

起こる出来事自体にも良いも悪いもなく。
感じる感情にも不必要なものはありません。

さて限界を感じて、感情で何かを感じて、そこからどうしていくかですね。

実際の限界点も、リミッターが働き出す地点もトレーニング次第でいくらでも高めることが出来ます。

感情で何かを感じることで、その真意を探っていけば進むべき方向や、自分自身をどう変化させればいいのかが自ずと見えてきます。

限界を感じた出来事や、感情が動かされた出来事自体にあまり意味はありません。

その出来事の真意を見出すことにこそ意味があります。

それこそがあなたの進化の源ですね。

起こることには全て意味があって、あなたに必要なことです。

どうぞあなたの進化のために、目の前で起こることの本当の意味を、感性、思考をフル回転させて見出してください。

これまでに紹介したレフ・トルストイさんの言葉です。

(浜本哲治)

レフ・トルストイのサイン Wikipediaより
レフ・トルストイのサイン Wikipediaより

LINEで送る