パーシー・ビッシュ・シェリーの名言 Percy Bysshe Shelley

パーシー・ビッシュ・シェリー(Percy Bysshe Shelley)Wikipediaより

冬来たりなば春遠からじ。

パーシー・ビッシュ・シェリー Percy Bysshe Shelley

イギリスのロマン派詩人 1792〜1822


あまりにも有名な、シェリーさんの、言葉です。
この言葉も示唆に富んだ、深い言葉ですね。

人間の人生、平穏なことばかりではありませんね。

特に、何かにチャレンジすればするほど、
ヒダの多い人生になっていきますね。

そして、夢を諦める多くは、
冬(困難)に遭遇した時です。

冬を寒いから、辛いからと感じてしまうと、
気力を持続することが、難しくなりますね。

冬があるから、春の暖かさが嬉しくなるのであって、
ずっと春だとすると、
春のありがたさは、感じられなくなりますよね。

冬は春を存分に味わうスパイスのようなものです。

困難が立ちはだかったら、これは嬉しいことですね!
それを、ひとつずつ乗り越えていけば、
必ず夢に辿り着けるわけですからね。

障害が、目の前に現れるということは、
チャレンジしている証ですね!

天は乗り越えられない試練は与えない。

自然は、冬の寒さの中でも、
春の準備が着実に進んでいます。

苦難の中に、成功の種子を見つける。
そんな楽しみを感じてみてください。

寒さが厳しくなればなるほど、
確実に春に近づいていますね!

(浜本哲治)

LINEで送る