ハーマン・メルヴィルの名言 Herman Melville

ハーマン・メルヴィル(Herman Melville)Wikipediaより

不遇というものは、ナイフのようなものだ。
刃をつかめば手を切ってしまうが、把手を握れば、これほど生きるのに役に立つものはない。

ハーマン・メルヴィル Herman Melville

米国の作家・小説家 1819~1891


全ての出来事は、
その出来事の捉え方次第です。

同じ出来事でも、見る人が違えば、
それを、嬉しいことと感じる人もいれば、
悲しいことと感じる人もいます。

また、見る、感じる方向を変えれば、
違った見方、感じ方も出来ます。

その出来事の体験は、
しっかり自分の中で消化していれば、
その経験を、次や、誰かのために、
活かすことも出来ます。

そして、苦境と感じられることを、
乗り越えられれば、
必ず、成長しまうから、
その体験も生きてくるでしょう。

普段、体験できないことを、
体験できることは、
それだけでも大きな財産になりますね。

あなたの目の前で起こることは、
必ず、あなたにとって大切なことです。

意味のないこと、必要のないことは起こりません。

出来事から、何を見出すかで、
その後の進化に、大きな差になって現れます。

そうは言っても、
出来事は突然訪れますから、
苦境と感じられる出来事に、
いざ、向き合うと、
心も動揺しますから、
冷静に向き合っていくには、
日頃からのトレーニングが必要でしょう。

これは、大きな苦境と感じるような出来事ではなく、
日常的な、小さな出来事から、
例えば、その出来事からいいところだけを、
見出していくことや、
その出来事の意味することなどを感じること。

こういう、思考習慣を身に付けておくことです。

その日常の習慣が、
いざという時にも、必ず出てきます。

苦境の時に、簡単に刃を掴んで、
負う必要のない傷を、
自らすすんで負っている人は多いものですね。

出来事が大きいほど、
成長、進化の影響も大きいですから、
その出来事の使い方次第では、
夢の実現に、大きく近づくことになります。

どうぞ、日常の中から、
全ての出来事を、あなたの夢の実現に、
活かしていくことだけを考えてください。
感じてください。

(浜本哲治)

ハーマン・メルヴィルの署名。Wikipediaより
ハーマン・メルヴィルの署名。Wikipediaより

LINEで送る