岩崎 弥太郎の名言 Yataro Iwasaki

岩崎 弥太郎(Yataro Iwasaki)Wikipediaより

酒樽の栓が抜けたときに、誰しも慌てふためいて閉め直す。
しかし底が緩んで少しずつ漏れ出すのには、多くの者が気づかないでいたり、気がついても余り大騒ぎしない。
樽の中の酒を保とうとするには、栓よりも底漏れの方を大事と見なければならない。

岩崎 弥太郎 Yataro Iwasaki

三菱財閥の創立者 1835~1885


岩崎弥太郎さんの、同じような言葉に、

樽の上からすくって飲むやつは、たとえ一升飲まれても、三升飲まれてもたいしたことはない。
怖いのは樽の底から一滴でも漏ることだ。


という言葉があります。

いずれも、一滴ずつが積み重なることの大きな影響を表現した言葉ですね。

これは、損失に関しても、蓄積に関しても同じことが言えるでしょう。

小さな積み重ねを軽視してはいけませんね。

人間の心身の健康も、まさに小さなことの継続が、あるとき突然現れてきます。

才能の開発も、日々の積み重ねに優るものはないでしょう。

積み上げていくリズムは、人それぞれのリズムがありますから、うさぎタイプの人、かめタイプの人などありますが。

いずれにしても、そのリズムで継続していくことですね。

一度に、一瞬に、出来ることには限度がありますが、時の流れのエネルギーに出来ることを繰り返し乗せていけば、やがて大きな山になっていきます。

潜在意識に素晴らしい情報をインプットするにも、潜在意識から能力を取り出すにも、反復していくことが最大のポイントです。

一度や二度、短期間で思うようにコントロールしていくことは難しいでしょう。

継続することを難しいものにしているのは、やはり無理をすることでしょう。
そして、待てないことですね。

もちろん、積み重ねで最大の効果を得るには、渾身の一滴にしていく必要がありますが。

夢への狙いを定めた一滴一滴は、雨垂れ石を穿つで、必ず大きな力になります。

逆に、知らぬ間の損失は、気づいた時には大きな損失になりますから。
痛恨の一滴にしないようにしたいですね。

(浜本哲治)

岩崎弥太郎生家 Wikipediaより
岩崎弥太郎生家 Wikipediaより

LINEで送る