ヨハネス・ケプラーの名言 Johannes Kepler

ヨハネス・ケプラー(Johannes Kepler)Wikipediaより

悦びは人生の要素であり、人生の欲求であり、人生の力であり、人生の価値である。

ヨハネス・ケプラー Johannes Kepler

ドイツの天文学者 1571〜1630


人生はどれだけ愉しめるか。

これで、その人生の終焉の時に感じる、
充実度、満足度が変わってくるでしょう。

一日一生とも言われますが。
人生をどう過ごせるかは、
その一日の過ごし方で分かります。

いつも不安に心をフォーカスさせている人は、
例え、どんな環境になったとしても、
不安の種子を探してしまいます。

いつかきっと。と思っている人は、
その人生も、いつかきっと。の人生になるでしょう。

時代や環境が変われば。
お金や物があれば。
誰かが、幸せを連れてくる。

これらも同じでしょうね。

お金や物が溢れるほどの時代になっても、
どれほどの人が、悦びだけの人生になっているでしょう。

幸せは、誰かが運んできてくれるものではなく、
自分で見つけて感じるものですね。

そして、人生は常に過程が存在するだけです。

人生の最期の時を迎えても、
その先の生はありませんが、
心に残るものは、大半が未完成の
途中のものがあるだけです。

ひとつの夢を実現しても、
さらに、その先があることが分かります。

夢を実現することは、
大きな悦びにはなりますが、
それも、一瞬のことです。

どこまで行っても、
今日と同じ過程があるだけですね。

今日、過程を、
いかに、充実させて愉しむかです。

人間が最も悦びを感じられるのは、
自分が進化していること、
そして進化した自分が、誰かの役に立っていることを、
感じられた時です。

毎日、悦びを感じるには、
日々、自分を進化させて、
愛を届け続けることです。

そのために、夢が必要不可欠です。
その夢の期限も大切です。

今日、夢が実現しなくても、
その夢にチャレンジして、
少しでも進化した自分を感じられれば、
今日に、大きな幸せを感じられます。

今日が幸せな一日になれば、
人生も悦びに満ちた幸せな人生になります。

今日眠りに着く時が、
人生の最期の日と同じことですからね。

どうぞ、一日を大切にしてください。
日々、夢にチャレンジして、
悦びの種子を生み出す毎日にしてください。

そして、悦びの小さな種子を見つけて、
充実感と満足感を感じて、
一日を終える毎日にしてください。

その積み重ねが、あなたの人生の悦びになります。

(浜本哲治)

ケプラー初期の多面体太陽系モデル Wikipediaより
ケプラー初期の多面体太陽系モデル Wikipediaより

LINEで送る