与謝野 晶子の名言 Akiko Yosano

与謝野 晶子(Akiko Yosano)Wikipediaより

創造は過去と現在とを材料としながら、新しい未来を発明する能力です。

与謝野 晶子 Akiko Yosano

明治~昭和の歌人・作家 1878~1942


人間は自然界の中で、全く新たなものを創造することは出来ません。

自然界の中にあるものを組み合わせて創造しているにすぎません。

そしてその人間の創造の根底が、一人ひとりの脳です。

人間の脳はまだまだ解明されていないことばかりで、未知の領域が無限に広がっていますが。

その脳の中で無限にある組み合わせの中から、新たな組み合わせを見つけだしています。

そして多くの発見や発明が、決して思考だけで見出されている訳ではありません。

思考を駆使して見出せなかったことが、何気ない日常の中で発見されたり、ふとした閃きで見つけだされることはよくあることですね。

狭い領域の思考だけに頼り過ぎると、なかなか創造力は発揮できません。

人間の脳の中には思考で使われる領域より、遥かに大きな潜在意識の領域があります。

ここには記憶として呼び起こすことの出来ない、生まれてから現在までの全ての情報などがインプットされていると言われています。

そういう情報が様々に融合されて、閃きなどとして呼び醒されたりします。

また脳は受発信器の役割もありますから、色んな意味で組み合わせの材料を増やすために、脳の経験値を高めることがとても大切になりますね。

ただ何かを創造することは喜びに繋がることになりますが、トラウマなどがあるように、インプットする情報や経験が喜びの感情とともに入っていかないと、創造の材料にはなりにくくなります。

これは思考の領域で考える場合も同じですね。

学ぶことや経験することを愉しむことで、その知識や体験は創造の大切な宝物になります。

また何かのきっかけで呼び起こされた嫌な思い出や記憶なども、その真意などを見出してあげることで、創造の材料になる知識や経験にアップデートすることも出来ます。

どうぞ創造の材料になり得ることは常にインプットされていますので、歓びとともに脳にインプットしてあげてください。

そして思考に頼り過ぎることなく、閃きなどを大切にしてあなたの脳の可能性を大きく感じてください。

少し感じ方を変えるだけで、あなたの中の創造力に火がついてきますよ。

(浜本哲治)

夫・鉄幹と Wikipediaより
夫・鉄幹と Wikipediaより

LINEで送る