アシュレー・モンタギューの名言 Ashley Montagu

アシュレー・モンタギュー(Ashley Montagu)Wikipediaより

人間がこうむっている最大の敗北は、なれたかもしれない存在と、実際になった存在の間の相違で構成されている。

アシュレー・モンタギュー Ashley Montagu

英国出身の人類学者・ヒューマニスト・女性史家 1905〜1999


あの時、こうしていれば、
もっと続けていれば、やっていれば、
今とは、違う今になっていたかもしれない。

しかも、充分に出来ることであったり、
そうすべきだと、感じていたり、心では思っていたこととなると、
その思いは、さらに強いものかもしれませんね。

ただ、もちろん過去はどうすることも出来ませんし、
そのやらなかった、出来なかったことを、
いつまでも悔やんでも仕方ありません。

ひとつには、今や現実を後追いしていると、
そう感じる場面が多くなってしまいますので、
やはり、今を、未来に向けての今にしていくことです。

それには、常に、明確にした夢を実現するための、
今にしておくことですね。

そして、夢に対する精一杯のチャレンジの、
結果の未来を迎えることです。

常に目指すものがある、
夢へのチャレンジャーにとって、
夢と現実のギャップを感じること、明確に知ることこそ、
チャレンジの内容の進化が見えてくるものです。

今の時点で、なれたかもしれない自分と、
現実の自分のギャップを感じることは、
自分自身に対する敗北かもしれませんが。

これも、考え方によっては、
なれたかもしれない自分をイメージできると言うことは、
夢もイメージできることに他なりません。

単に、現状だけに不満を募らせるよりは、
自分自身の可能性を感じていることですから、
大切な感覚でしょうね。

そのイメージを、
今から過去のイメージではなく、
未来から今のイメージに置き換えていけば、
可能性を現実にしていくことが容易になるでしょう。

なれたかもしれないあなた、
なりたいあなたを、未来にどうイメージしますか?

そして、その未来のイメージを実現していくために、
今の分岐点を、どちらを選ぶのがベストだと考えますか?

仮に、目指す未来がない場合と、
チャレンジする夢を目指した今のあなたが、
同じ選択肢をチョイスして、
上手くいかなかくて、同じような未来を迎えた時に、
あなたが感じるものは大きく違うでしょう。

目指すもののない選択は、
環境の影響、第三者の影響を受けやすく、
結果に対して、自分自身に歯がゆい思いをするならまだしも、
環境や誰かのせいにしてしまいがちになります。

目指す夢の有無は、
未来のあなたの心の状態まで左右することになります。

また、明確な夢を持っているのと、いないのとでは、
過去や今のプライドで行動してしまうか、
未来のあなたのプライドで動けるかの違いも出てきます。

未来の夢と、今に大きなギャップがあって当然です。
そのギャップを感じることこそ、
あなたの可能性であり、進化の源です。

どうぞ、この素晴らしい未来の自分とのギャップを、
いつも明確に感じていてください。

毎日が、そのギャップを埋めるためのチャレンジですね。

そのチャレンジにこそ価値があり、
あなたの才能の進化もめざましくなっていきます。

そして、常に向き合うのは自分自身であって、
人生は、誰かと比較、競争するものではありませんね。
どこまで行っても、克つのは自分自身にですね。

(浜本哲治)

LINEで送る