アンナ・パヴロワの名言 Anna Pavlova

アンナ・パヴロワ(Anna Pavlova)Wikipediaより

私にとっての成功は、人々の称賛の中にではなく、自分の理想が実現していくという満足感の中にある。

アンナ・パヴロワ Anna Pavlova

ロシアのバレリーナ 1881〜1931


もちろん、誰かに褒められることは、
やりがいにもなりますし、
夢の実現そのものが、
誰かに幸せを届けていくことですから、
とても満足感があり、嬉しいことですね。

ただ、元来保守的な人間は、
ひとつの夢の実現や達成に、
満足してしまったり、それを守ろうとし始めがちです。

こうなってしまうと、さらなる進化はおろか、
現状維持もままならない状態になってしまいます。

この状態に陥って、
せっかくの才能や、築き上げてきたものを、
その後に活かしきれなかった、
アスリートや経営者をたくさん見てきました。

生ある限り、道は永々と続いていきます。
また、求道を後に続く人に託せるかもしれません。

上手くいかないことにも、
もちろん立ち止まるべきではありませんが、
上手く行ったことにも、
立ち止まることは、後退を意味します。

成長、進化とともに、
当初掲げた夢や理想も、
どんどん進化させられるものです。

人間には、わからないことだらけの自然界で、
一人の人間が生きる、わずか100年足らずの時間や、
1000年の時間であっても、
究極に至るものはないでしょう。

先人が切り拓いてくれた道は、
その恩に報いるためにも、
さらに進化させていくことが、
今を生きる私たちの役割でしょう。

どうぞ、奇跡的に与えられた生と時間と才能を、
先人の遺してくれた財産の上だけで使うのではなく、
自然界も、人類も進化することが最大の歓びですから、
未来の子どもたちに、
今より進化した世の中を遺すために、
存分に活用、発揮してください。

パヴロワさんは、こんな素敵な言葉も残されています。

立ち止まることなく一つの目的を追い求めること。
これが成功するための秘密です。


才能だけで成功することなんてできない。
才能は神が与えるけれど、努力はその人を天才に変えてくれる。


あなたの理想に、日々少しでも近づくチャレンジ。
どうぞ、時間のある限り続けていってください。

(浜本哲治)

1915年頃のアンナ・パヴロワ Wikipediaより
1915年頃のアンナ・パヴロワ Wikipediaより

LINEで送る