ハンス・クリスチャン・アンデルセンの名言 Hans Christian Andersen

ハンス・クリスチャン・アンデルセン(Hans Christian Andersen)Wikipediaより

自分が醜いアヒルだと思っていたころは、こんなたくさんの幸せがあるなんて思ってもみなかった。

ハンス・クリスチャン・アンデルセン Hans Christian Andersen

デンマークの童話作家 詩人 1805~1875


人間の思いは、言動に現れ、結果を招きます。

言動だけでなく、思いそのものにもエネルギーがありますから、
そのエネルギーに共鳴したものを引き寄せます。

そして、言動や、エネルギーを発する人間の脳は、
繰り返しの影響を大きく受けて、習慣になっていきます。

言動の多くを、習慣に支配されている人間は、
意識的ではない習慣に気づかず、
違う思いを持っていても、
思いによらない結果を招くことに悩みます。

習慣は、繰り返す環境の影響も受けます。

知らず知らずのうちに、
あなたの限界や可能性を、
思考や言動の習慣で、限定していませんか?

夢にチャレンジして行く時、
能力を成長、進化させようとする時に、
すぐに、立ちはだかるのが、
この習慣の壁です。

この習慣の壁を乗り越えないことには、
夢の実現や能力の開発は難しいものになります。

習慣自体が、無意識に出てしまうものですから、
夢の実現などを妨げていることを気づかずに、
思いが習慣に引きずられて、
思い自体を変えてしまうケースが本当に多いものです。

自分には出来ない、
自分には出来るようになるのは無理と、
つい考え、感じてしまう枠も、
これまでも、培われた思考習慣と言えるでしょう。

この身に付いた習慣は、
一度や二度の新たな思いを持つだけでは、
なかなか変わらないものです。

無意識の習慣になるほどに繰り返して、
心底そう思えるようになって、
はじめて、見える世界、感じられる世界、
幸せの価値観なども変わってくるものです。

まだ実現できていない、未知の夢を実現していくには、
必ず、今の習慣を超えなければなりません。

何度も思いを持って、チャレンジしたけど、
いつも、同じようなところで挫折してしまう。
ということがあったとしたら、
まず、思考や言動の習慣を、つぶさに探ることですね。

あなたには、無限の可能性と能力があります。
そこに限界を設けているのは、あなたの思考と、
思考よりさらに強力な、習慣です。

どうぞ、この習慣を乗り越えて、
習慣をアップデートしていってください。

環境の影響も大きく受ける習慣ですから、
環境になるあなたが、子どもたちや育てたい人たちに、
能力や可能性の限界を感じさせるような、
繰り返しの言動は、避けなければいけませんね。

そこに現れる言動こそが、
自らの限界も生み出す、習慣が源でしょう。

習慣にいち早く気づき、アップデートしていけば、
あなたの中の無限が、どんどん引き出されて、
夢の実現も加速して、感じる幸せも溢れてきます。

そして、さらなる高みへの思いも生まれ、
あなたの進化の、いいスパイラルが生まれてきますね。

あなたや子どもたちの、無限を、
真剣に、そして普通に思えること。
その時に見える景色が楽しみですね!

(浜本哲治)

LINEで送る