空海の名言 Kukai

空海(Kukai)Wikipediaより

人を思いやる気持ちと、人に利益をもたらす行動をすることが、全ての根本である。

空海 Kukai

平安時代初期の僧 弘法大師(こうぼうだいし)真言宗の開祖 774〜835


自然界の真理ですね。

自然界で心身ともに充実して、やりがい、生きがいをもって生き生きと人生を過ごしていくことは決して難しいことではありません。

根本に沿って生きていくことです。

同じような言動も自分のためだけにやっていることと、誰かのためにやっていることが明確になっていることでは、全く違う意味やエネルギーになって届いていきます。

大きく言動を変えなくても、今やっていることを根本、自然の摂理に沿わせていくことはいくらでも出来ます。

逆に根本に沿った言動からスタートしていても、いつの間にか真理から外れることもよくあることですね。

空海さんのこんな言葉もあります。

もし自分に適していることにその能力を使うのなら、物事は極めてうまくゆく。
しかし、自分に向いていない物事に、その能力を使うのなら、労多く、益は少ないだろう。


能力の使い方だけでなく自然の摂理に沿った言動の結果は、自分の想像以上にスムーズに進んでいくものです。

もちろん自然界はエネルギーの波の世界ですから、その進捗には波がありますがエネルギーの波での停滞なのか、自然の摂理に外れた行き詰まりなのかは心が感じる違和感でわかります。

人生を賭けてひとつのことを追求した偉人たちは必ず、その追求の過程で真理を感じ取っています。

それは、どの分野にも共通するシンプルで簡単な真理です。

今の時代は、先人が明らかにしてくれた真理を踏まえて、さらに進化した能力を開発して進化した世の中を創っていくことが私たちの役割、使命でしょうね。

真理、自然の摂理は日常のあらゆる場面で働いているものですから、毎日の生活の中で感じ取ることが出来るものです。

まず知り、そして体感すること。

その存在を知り得ることが出来ることは、先人たちが遺してくれた大きな財産です。
知り得なければ検証のしようもありませんし体得していくことも出来ませんからね。

知識や技術以前に体得した方がいいこと。
それが根本、自然の摂理、真理でしょう。
言葉で表現すると難しいような感じがしますが決して難しいものではありません。

常に根本と照らして、あなたのチャレンジ、言動をチェックしてください。

(浜本哲治)

 善通寺(香川県善通寺市)Wikipediaより
善通寺(香川県善通寺市)Wikipediaより

LINEで送る