小村 寿太郎の名言 Jutaro Komura

小村 寿太郎(Jutaro Komura)Wikipediaより

もし私に誇るべきものがあるとしたら、それはただ「誠」という言葉に集約されるであろう。
つまるところ、学問や同胞との付き合いでも、また将来のことを考える場合でも、この「誠」の心を忘れずに貫く覚悟でいるのだ。

小村 寿太郎 Jutaro Komura

明治の外交官 政治家 1855〜1911


嘘や隠し事をしても、その場は凌げてもやがては伝わることになります。

脚色や誇張も同じですね。
今の時代は特に剥がれるのは早いものです。
また無理にも繋がってしまいます。
大きなストレスを抱え込むことにもなります。

少し人間界はエネルギーを使う方向を間違えているのかもしれませんね。

未知を実現することを今を取り繕うことに注ぐよりは、未来の実現に向けた方が遥かにエネルギーを有効に活用できるでしょう。

今出来ないことを出来るように見せかけることは、まさに無理をすることになりますから、未来の実現に向けてチャレンジすることにエネルギーを注ぎ込むことです。

ありのままの等身大で勝負してくる人は本当にしなやかな強さを持っています。

無理はいつか綻んでしまいます。
取り繕った自分に共鳴するものを磨こうとしたり、取り繕ったものが届く人に届けようとすることは自分自身が苦しくなっていくだけですね。

等身大の自分でチャレンジ、勝負していくことは、心と思考が一致している状態ですから、最も顕在能力を発揮できる態勢でもあり、潜在能力が引き出されやすい状況でもあります。

どうぞ自分自身の心に誠実に、誠意を持って本来の夢にチャレンジしてください。

それが周りにも未来にも大きな本当の実りとして届きます。

そのままが一番素晴らしいあなたの才能を、取り繕うことで曇らせないでください。
どうぞありのままのレベルを高める研磨に勤しんでください。

(浜本哲治)

小村寿太郎生誕の地 Wikipediaより
小村寿太郎生誕の地 Wikipediaより

LINEで送る