升田 幸三の名言 Kozo Masuda

升田 幸三(Kozo Masuda)Wikipediaより

時代は変わっても、人間を磨くのは、目的に挑戦する苦労だということは変わりません。
いまの人も苦労はしてるが、それは物欲を満たす苦労で、自分独特、独創の苦労ではない。
どんな世界でも同じだと思う。
プロとアマの違いはアマは真似でも通用するが、プロの道は独創。
またそうでなきゃ通用しない。
だから苦しいが喜びも計り知れない。

升田 幸三 Kozo Masuda

将棋棋士 1918〜1991


自然界での最高の楽しみは、自分自身が成長、進化することです。

自然界の一員である人間の脳も、自分の成長、進化を感じられることに最大の歓びを感じます。

成長、進化のためにはチャレンジするしかありません。
何もせずに突然能力が進化することは、まずあり得ないことでしょう。

そして自然界で目指すべき夢にチャレンジしていれば、必要なものは全て与えられることになります。

欲望は自然界で生きる者にとってとても大切な財産ですが、その欲望を向ける先を間違えて、自ら苦しんでいるのが人間でしょうね。

自ら自然界での人生の歓びを半減させるような欲の向け方をしています。

自然界の生き物は全てそうですが、人間の欲望にも終わりはありません。

どこまで行ってもさらに先を望んでいきますので、この欲が向けられる方向や対象で、そこに向け続けるだけで苦悩になっているものが物欲などでしょう。

またこれらに向けられた強い欲望は、手段を選ばない結果を招いて、自然も自らも窮地に追い込むことにもなっています。

夢の実現や成長、進化に向けてどこまでも追求していけば、全ての欲を満たすものを与えられて、結果として充実させていけるものです。

そして夢の追求や夢の実現のために届ける愛の追求、才能、能力の追求は真のプロのレベルまで追求していかないと、その追求の欲望も他の欲を充実させられる領域には進んでいけません。

求めるものは中途半端にするほどストレスも苦悩も多くなっていくものです。

与えられたものだけをやることで、あなたの能力や脳が本来満足することはないでしょう。

自分の夢の実現より諦める気持ちが強くなって、納得できない心を無理に抑え込んで、無関心の境地や心身の病に冒されるほどにストレスを溜め込んでいるケースは多いですね。

今がどういう状況であれ、どんな分野のどういうことをしていても真のプロへの道はあります。

どんなことでも多くの人の幸せに繋がることで、あなたにしか出来ない領域まで追求が進んでいけば、そんなあなたを環境や誰かが放っておくはずがありません。

どうぞ、イメージしてください。
あなたの追求している道で、あなたの理想の領域に到達して、あなたにしか出来ない才能を発揮しているあなたを。

その時に環境はどうなっているでしょう。

きっと今では想像できない環境で、あなたは活躍していることでしょう。

どうぞあなたの欲望のエネルギーは、あなたの夢の実現、届ける愛、能力の進化に集中して向けてください。

そして果てのない欲望に任せて、どこまでも深く追求していってください。

(浜本哲治)

LINEで送る