ジャック・シャルドンヌの名言 Jacques Chardonne

ジャック・シャルドンヌ(Jacques Chardonne)Wikipediaより

愛するものと一緒に暮らすには一つの秘訣がいる。
すなわち相手を変えようとしないことだ。

ジャック・シャルドンヌ Jacques Chardonne

フランスの小説家 1884~1968


これは、もちろん他の誰かに対してもそうですが、
自分自身の才能、能力に関しても言えることです。

人間は、とかく同じ時間を過ごす人にも、
自分が欠点などと感じるところを、
自分の価値観を押し付けて、
相手を変えようとしがちですが、
これは、トラブルや大きなストレスの原因になるだけです。

自分以外の人は、
例え子どもであっても、
変えられないと考えておいた方がいいでしょう。

自分自身を感じてみてもわかるように、
自ら気づくことでしか、変えられませんし、
少し変えるだけでも、大きなストレスを感じるものです。

強制や恐怖などで、
一時的に変化は起こせたとしても、
根本的に変わることはないでしょうし、
長い間、封じ込めるエネルギーは、
他の長所なども封じ込めることになると、
考えた方がいいですね。

そもそも、長所や短所は、
単に、それを感じる人の主観であって、
人が変われば、逆になることもよくあることですからね。

自分自身も無理に変える必要はなく、
持ち味を活かして、成長、進化を目指して、
ひたすら、そこだけにエネルギーを注いでいくことです。

自分自身が成長していけば、
見えるもの、感じるものも違ってきますからね。

自分自身の才能や能力とも、
生涯を共にすることになりますが、
もちろん、欠点と感じられるところの矯正に着手するには、
人生の時間は短すぎますから、
余程のことがない限り、手を付けないことです。

また、伸ばしたい部分に関しても、
無理に型にはめたりして、
手を加えることはしないことです。

それよりも、あるがままを、
いかに伸ばすかを試行錯誤することですね。

もし、これまでの社会環境や教育環境の中で、
ありのままのあなたを封じ込めている部分があれば、
それは解き放ってあげるといいですね。

そうしてあげるだけでも、
あなたの中から、夢に向かうエネルギーが、
今以上に出てきます。

才能や能力を型にはめたり、
封じ込めていることは、
エネルギーそのものを封印していることですからね。

あなたのありのままの才能で、
誰かの幸せの実現のために役立つ、
突出した能力にしていく方法は、
自然界には無限にあります。

と言うより、
あるがままを進化させようとした方が、
あなたの才能は最短で、最長不倒距離まで、
伸ばすことができるでしょう。

基本的な動きなどを、教えられることもありますが、
そこで終わっていては、
あなたの能力になりません。

全てをあなたのものに昇華させてこそ、
あなたにしか辿り着けない領域が見えてきます。

どうぞ、せっかくあなただけに与えられた、
才能、能力です。
あなたにしかできない成長、進化を目指してください。

あなたの才能と、充実した人生にしていく秘訣ですね。

(浜本哲治)

LINEで送る