ゲオルク・ジンメルの名言 Georg Simmel

ゲオルク・ジンメル(Georg Simmel)Wikipediaより

至上の処世術は、妥協することなく、適応することである。

ゲオルク・ジンメル Georg Simmel

ドイツ出身の哲学者[生の哲学]社会学者 1858〜1918


夢を諦めてしまうこと、
妥協することは、簡単なことですが。

人生の最大の楽しみは、
自然界に存在する、無限の可能性を、
見つけだしていくことでしょう。

人生の悦びは、もちろん夢を実現することにもあります。
ただ、長い時間、それも夢を実現することより、
大きな悦びを感じられるのは過程であって、
その過程でも、新たな可能性を発見できることほど、
悦びを感じられるものはないでしょう。

この夢にチャレンジしていく過程を、
愉しめないことほど、もったいないことはないでしょう。

植物たちを見ていて感じられることですが、
元来、常に進化し続ける自然界には、
諦めという概念はないのかもしれませんね。

そもそも、植物たちが目指しているものが、
人間界で言うところの夢であるとすれば、
それは、生ある限り潰えるものではありませんから、
諦めるという概念がなくても不思議ではありません。

この目指すものは、本来循環させることが、
根底にあるものですが、
人間界では、現代の社会環境や、
創り出している物などを見てもわかるように、
循環を意識したものではなく、
直線的というか、やりっぱなしで終わり。
という傾向にあります。

これは、一人ひとりの目指すものが、
やはり直線的なものであることや、
手段などを目指すものとしていることが、
人間界全体の流れになっているのでしょう。

特に手段を目指すことは顕著で、
この目指すものによって、
自らを苦しめたり、諦める、妥協するという、
概念を生み出していると考えられます。

私は「自然界で本来目指すべき夢」と言っていますが、
手段を目指すことから、
本来目指すべき夢に変わるだけで、
諦める必要がないことがわかってきますし、
そこに辿り着ける道や可能性が、
大きく広がって見えてきますから、
妥協する必要もないことが実感できるでしょう。

人間界は、一人ひとりの目指すものが、
本来目指すべきものに変わることで、
現状をブレイクスルーして、
大きく進化できるでしょう。

どうぞ、本来目指すべきものに、
いち早く気づいてください。

手段や与えられる結果を目指すことは、
我欲を満たすものだけに他なりませんから、
自然界で目指すものにはそぐわないものですし、
これから、ますます実現が難しくなっていきます。

あなたの素晴らしい才能に、
無限の可能性を与えてあげられるのは、
あなたが目指す夢しかありません。

(浜本哲治)

LINEで送る