ルイ・ド・ブロイの名言 Louis-Victor Pierre Raymond

ルイ・ド・ブロイ(Louis-Victor Pierre Raymond)Wikipediaより

物質と意識とは、同じ一つのものである。

ルイ・ド・ブロイ Louis-Victor Pierre Raymond

フランスの物理学者・物質波の提唱者 1892〜1987


これは、自然界の真理、本質でしょう。

残念なことに、まだ人間は
この本質の解明には辿り着いていません。

ただ、このことを裏付けるような現象は、
日常的に起こっていることですね。
それが、人間の今の科学では、
ミクロの単位で確認できる限界があるというだけでしょう。

常識と外れていたり、科学で立証されていないから、
存在が荒唐無稽なものとしてしまっていては、
人間界の進化は遅々として進まないでしょう。

10年前、100年前の常識が、
今では、非常識になっているものは、
掃いて捨てるほどあるでしょう。

科学も日々進歩していますから、
今は確認できないことも、
10年後、100年後には、
確認できるかもしれませんね。

全てのことに言えることですが、
過去や今に囚われ過ぎずに、
今を超える発想や、感じる能力を高めていくことが、
自然界で生きる人間が、本来の進化を遂げるためには、
必要なことでしょう。

人間の脳のメカニズムも、
まだまだ謎だらけの状態ですし、
その機能の全てを、持ち主の本人でさえ、
使えない状態になっていますから、
これを、当たり前にもっと使えるようになれば、
どんな能力が発露して、
当たり前になっていくかわかりませんね。

人間は思い込みに支配されるところがありますから、
例えば、アスリートの世界などでも、
人類には絶対に超えられない壁と言われたことでも、
誰か一人がそれを超えてしまえば、
それが当たり前になることがあります。

これは、あらゆる分野で言えることですが、
思い込みで自ら限界を創ってしまって、
できないことと思い込んでしまえば、
それができるようになることはないでしょう。

それが、誰かがそれを超えたことがわかると、
自分にもできるかもという、思いが強くなり、
その思いから、多くの人ができる、
当たり前のことになっていきますね。

このように、まだまだ人間には、
思い込みによって、封じ込められている能力が、
無限にあると考えた方が自然でしょう。

少なくとも、人間の脳が、
自然界の全ての動物の脳を包含しているとするならば、
動物たちが発揮している能力が、
いつ発露しても不思議ではありませんね。

愛犬が、主人の帰りを、
意識が家に向いた瞬間に察知することは、
すでに証明されていることですが、
これは、意識にエネルギーがあることの証明にもなりますし、
そういう察知能力が、人間が発揮しても、
何も不思議なことではありませんね。

私は、物質も意識も同じエネルギーと捉えていますが、
そう捉えることで、あらゆる現象の説明がつきます。

言葉にもエネルギーがあるように、
思いにもエネルギーがあります。
そのエネルギーで、笑顔にすることも、
人を動かすことにもなりますね。

もっと言えば、意識で物質を動かすことが
当たり前にできても、不思議ではないかもしれませんね。

少なくとも、潜在領域に蓄積された情報や知識などを、
閃きという形で、意図的にいつでも引き出すことができることは
私の研究でもわかってきました。

これは、誰にでも簡単に、すぐにできることです。

さらに、眠っている能力を、
掘り起こしていくことも可能になっていくでしょう。

私の研究は、
末期ガンから多くの人の根治のお手伝いをした方法も、
現時点で、最もシンプルで効果的な、
インナーマッスル、アウターマッスルのトレーニング方法も、
そして、脳の潜在領域にアプローチする方法も、
どれも、簡単で特別な道具も必要なく、
誰にでも、すぐに効果を実感できる方法です。

本来人間に備わっているものは、
何も特別なことをしなくても、
引き出し、活用できるものです。

その方法は、全て公開していますので、
ぜひ、活用してみてください。

その発想の原点は、自然の中にあり、
そして、この言葉の言っていることですね。

あなたの才能、能力も、
過去から今の人間社会の環境の中で、
無意識のうちに囚われていることもあって、
本来の能力が封じ込められています。

まずは、認識できる思考などの囚われは、
できるだけ手放すことです。

そして、事あるごとに気づかされる、
無意識に囚われているものも、
気づくたびに、できるだけ手放すことです。

あなたの才能に、囚われのない自由を与えてあげれば、
格段に、その能力の発揮のされ方が違ってくるのを、
間違いなく感じられますよ。

(浜本哲治)

ルイ・ド・ブロイのサイン Wikipediaより
ルイ・ド・ブロイのサイン Wikipediaより

LINEで送る