ジョージ・ハラスの名言 George Stanley Halas

ジョージ・ハラス(George Stanley Halas)Wikipediaより

最善を尽くした者は、決して後悔することはない。

ジョージ・ハラス George Stanley Halas

NFLシカゴ・ベアーズの創設者であり、選手兼コーチ兼オーナー 1895〜1983


一度しかない人生ですから、後悔のない人生にしていくことがとても大切なことですね。

そして人間は、できたか、できなかったかの結果に後悔するより、やったかどうかの部分に大きな後悔を残します。

そしてできないことの多くは、結果などを気にして怖れ、逡巡することで起こります。
迷うことでもチャレンジは中途半端になりますね。

そもそも自然界での選択肢は無限にありますから、どれが正解などはないでしょう。
あなたが選んだものは全てあなたに必要なことを起こしてくれるので、全部正解だと考え感じて大丈夫ですから、迷わず精一杯、全力でチャレンジしていくことです。

瞬時に決断をしなければならないことも多く、より感動的な結果を引き起こす選択をしていくには感性を磨いていくしかありませんが、その感性を磨くにも、最高のチャレンジをして変化を起こし感じていくしかありません。

生涯も一日も時間に限りがありますから、全てのことをやり尽くすことはできません。

しかしその中でやることのクオリティを高めていくことはできます。
優先順位の選択、エネルギーの集中度など、この質が高くなるほどに最善を尽くした感も高くなるでしょう。

この選択の質を高めていくことは、チャレンジの過程で感じられる進化の余地として感じ、日々向上させられるように試行錯誤することですが、その時点でできることをやり尽くした感覚が高くなれば結果は二の次。というよりどんな結果も喜んで受け入れられるでしょう。

今実際に脳や身体を動かしてできるチャレンジでしか、未来も過去も変えられませんから、未来に訪れる結果を気にしたり、過去に囚われることなく今のベストに臨むことです。

もちろん最善を尽くすには、未来の夢も過去のインプットも総動員する必要がありますが、夢も経験も、今日のベスト、昨日を超えるあなたのためにあります。

今日の最善が人生の最善に繋がります。

どうぞ今を最高に生きて、夢の実現、能力の進化、過去を栄光に変えることを手に入れてください。

(浜本哲治)

ピート・ロゼール(左)とジョージ・ハラス(右)Wikipediaより
ピート・ロゼール(左)とジョージ・ハラス(右)Wikipediaより

LINEで送る