ウォルト・ホイットマンの名言 Walter Whitman

ウォルト・ホイットマン(Walter Whitman)Wikipediaより

報われぬ愛はなし。
これか、あれか、方法は違うが、
報いられるのは確かである。

ウォルト・ホイットマン Walter Whitman

米国の詩人 随筆家「自由詩の父」1819〜1892


全てがエネルギーの共鳴で起こる自然界では、
愛のエネルギーには、愛の共鳴しか起こりませんから、
愛は必ず報われることになります。

ただ、愛を届けた人から、
報われるかどうかはわかりません。

人それぞれに、愛の感じ方、
受け止め方が違いますからね。

ここが自然界の面白いところでもあり、
エネルギーが循環して増大していき、
進化に結びついていく、自然界の醍醐味ですね。

愛が報われることを求めない方がいいのは、
報われたいという思いの乗った愛は、
エネルギーの共鳴からすれば、
同じ思いに同調することになりますから、
求められる愛が返ってくることになります。

このエネルギーの同調は、
大きな愛が育まれる可能性も少ないですし、
本来、愛は届けることに、
人間の脳はより大きな歓びを感じるものですから、
すぐにつらいものになっていき、破綻する可能性も高くなりますね。

求め合う循環になっていけば、
届ける愛を磨くことも、進化させることも、
疎かになっていく傾向が強くなるでしょう。

届ける愛を進化させ続けるためにも、
届いた愛を大きく育むためにも、
自らの内に向けて、愛をひたすら磨き込み、
届けることに専念していくことですね。

もちろん、結果として与えられた愛は、
歓んで受け取り、さらなる愛の進化に役立てることです。

求める思いがあると、
届けた人から、返ってこない現象に遭遇すると、
報われないと感じてしまって、
その愛を届けること、進化させることを、
やめてしまう、非常にもったいないケースが多くなりますが。

愛が届かないと感じられることは、
それ自体が、愛のレベルアップや磨き込みの、
気づきを得られるわけですから、
決して落胆することではなく、
むしろ、愛が報われている状態でしょう。

また、愛のエネルギーは、一人に向けられた愛でも、
時空を超えて届いていきますから、
信じる愛であれば、ひたすら届け続け、
届けた人を包み込んで、
さらに、大きな愛にして超えていかせることです。

もちろん、時空を超えるエネルギーは、
愛のエネルギーだけではありませんね。
全てのエネルギーがそうです。

一人に愛を注ぐことは、
決して、その人だけに愛が届くわけではありません。

この時空を超えた、エネルギーの伝播が、
自然界の進化の源泉です。

どうぞ、あなたの素晴らしい愛も、
ひたすら届け続けることで、
より大きな、より素晴らしい愛に、
進化させていってください。

愛は必ず報われる。
自然界の素晴らしい真理ですね。

(浜本哲治)

草の葉―抄訳詩集

草の葉―抄訳詩集