アレクサンドル・プーシキンの名言 Alexander Pushkin

アレクサンドル・プーシキン(Alexander Pushkin)Wikipediaより

決定をあせってはならない。
ひと晩眠ればよい知恵が出るものだ。

アレクサンドル・プーシキン Alexander Pushkin

ロシアの詩人・作家 1799〜1837


これは脳のメカニズムからしても、心に引っかかりがあって決断に躊躇するようなことがある場合には、非常に大切なことでしょう。

単にひと晩思考で考えると、いいアイデアを考えつくかもしれない。というレベルのものではなく、ひと晩睡眠時間帯に脳内で熟成、融合させることで、思考では考えも及ばないことが引き出されたりすることになります。

大切なことは、上質な睡眠をしっかり取ることと、熟成、融合された情報を引き出す方法を体得しておくことです。

一旦決めてしまうと、そこからはその決めたことを実現していく方向に、脳も向かっていきますから、決断する時には躊躇なく思い切って決断することです。

思考でもっと良い方法があるのではないか。と考えてしまうような場合は思い切って決断してしまうことですが、心に引っかかる場合には決断は焦らない方がいいでしょう。

思考で迷った場合に思考で考えつくことはたかが知れていますが、思感、心にわだかまりがあるケースは、潜在領域の中にその解決策があると考えてください。

その情報をいかに引き出していけるかです。
この潜在領域の情報、能力を引き出せるかどうかは、その後の成長、進化に大きな違いをもたらします。

この思考での不決断と、心が情報をキャッチしている違いを感じ分けていくことが、大切な能力になり、感性の研磨になります。

日頃から植物たちのエネルギーを感じることや、自分自身の小さな変化を感じること、思考と閃きの違いを感じ分けることなど、この感性の磨き込みに重要なチャレンジはたくさんあります。

一律に全ての決断を遅らせる。ということをやってしまっては、タイミングが生命線になるチャンスを全て逃してしまうことになりますから、焦らない決断の感じ取りが重要です。

そういう感性はどこまでも研ぎ澄ましていけますし、その感性が事の成就に大きく影響していくことは間違いありません。

感じる心、感性を、ぜひどこまでも磨き込んでください。
その磨き込みは、才能、能力を本質に向けて追求していくことでも同時に研磨されていきます。

思考で考えることだけでは早々に行き詰まってしまうあらゆることを、感性のクオリティを高めて、思考を遥かに超えて成就させていく術をぜひ身に付けていってください。

(浜本哲治)

アレクサンドル・プーシキンの署名 Wikipediaより
アレクサンドル・プーシキンの署名 Wikipediaより

LINEで送る