ロベルト・シューマンの名言
Robert Alexander Schumann

ロベルト・シューマン(Robert Alexander Schumann)Wikipediaより

一日の音楽の勉強を終えてつかれを感じたら、
もうそれ以上、無理にひかないように。
悦びもいきいきした気持もなしにひくくらいなら、
むしろ休んでいる方がいい。

ロベルト・シューマン Robert Alexander Schumann

ドイツの作曲家 音楽評論家 ロマン派音楽を代表する一人 1810〜1856


疲労を感じて、歓びも感じていない状態で、
トレーニングをしても、あまり効果的でないのは、
アスリートも同じですし、全てのチャレンジに言えることでしょう。

例えば、アスリートの世界でも、一昔前には、
喉の渇きなどを我慢してでも、チャレンジを続けることで、
根性が備わるという考え方が主流を占めていました。

そもそも、根性と呼ばれるものが、
どんな状況に遭遇しても諦めない心、
高い持続力、継続を持たせて、
パフォーマンスを発揮することだとすれば、
喉の渇きなどを我慢させることは、
決してプラスには働くことはないでしょう。

むしろ、身体の機能、細胞を必要以上に損傷したり、
怪我の大きな要因になる可能性の方が遥かに高いでしょう。

未だに、俗に言われる根性論は、
色んな場面で横行していますね。

そもそも、これまで言われてきたような、
根性を剥き出しにしてやるようなことでは、
高いパフォーマンスを発揮することや、
大きな成果を収めることは、非常に難しいでしょう。

これは、脳のメカニズムからしても、
身体の機能的なことを考えても、
自然界の真理、道理からしても明らかでしょう。

いかに、俗に言われる根性を養っていくかを考えるよりは、
いかに、本来目指すべき夢を明確にしていくか、
小さな変化、進化を感じ、見つけて、
歓びにしていくかを考えて方がいいですね。

俗に言われる根性を養おうとする方には、
例えば、自分以外の人に対しては、
叱咤、激励、発破をかければいいのですから、
楽と言えば楽です。

ただ、自分自身になるとわかりますが、
それだけでは、とても高いパフォーマンスも、
果てしなく続けられるチャレンジも生まれてきませんね。

また、才能、能力がトレーニングによってのみ、
成長、進化できるもののようにも考えられてきましたが、
脳や身体のメカニズムからすれば、
トレーニング時に能力の向上が起こるのではなく、
睡眠時にそれは起こりますから、
上質な休息、睡眠を取ることは、
トレーニングすることと同等以上に大切なことになります。

アスリートなども、疲労の蓄積した状態で、
いくらハードな、高度なトレーニングをしても、
大きな成果を望めないどころか、マイナスにもなりかねません。

喉の渇きなどは、それを感じた時点で、
すでに身体はかなり疲労していることになりますから、
渇きを感じないように、小まめに補給していくことの方か、
目的を達成するには大切なことになりますね。

お祭り騒ぎを楽しむのであれば、
気合いと根性も楽しめるものですが、
実際のパフォーマンスを高め、
夢にいち早く辿り着くためには、
もっともっと効果的な方法はたくさんあります。

安易さを選ばないことも大切ですね。

どうぞ、あなたやあなたの大切な人の才能、能力には、
自然に沿った、身体のメカニズムに沿った、
チャレンジ、負荷を効果的に授けてあげてください。

目指すものが、もちろん自然に沿ったもので、
明確になっていれば、歓びを感じられているかどうかが、
大きな指標になります。

脳の最も大きなエネルギーは、歓びですからね!

(浜本哲治)


ロベルト・シューマン:交響的作品集


Music room Wikipediaより
Music room Wikipediaより