板垣 退助の名言 Taisuke Itagaki

板垣 退助(Taisuke Itagaki)Wikipediaより

自由とは天地自然の普遍的な原理であり、人は自由によって生まれ、国はそれによって存立するものである。
自由がなければ、人は人生を完遂することはできず、国は国家を維持することができないものである。

板垣 退助 Taisuke Itagaki

土佐藩士 政治家 1837〜1919


板垣退助さんの言葉には、

板垣死すとも自由は死せず。



という有名な言葉もありますね。

先人たちの献身的なご苦労の結果として、物理的な自由は進化してきました。

ただ、そのせっかく与えられた自由を、さらに進化させていくのが、今を生きる私たちの役割であるはずですが。

どうも表面的に上滑りしているだけで、巧妙に、様々な目に見えない縛りが張り巡らされて、真綿で首を絞められるような、蜘蛛の糸に絡めとられるように、実は自然界の本来の自由を、謳歌できていないのが人間界の現代人でしょう。

また不自由の極めつけは、自分自身で逆の縦横無尽のように、自分を縛りつけていることでしょう。

人間は縛られていることに気づくと、それから解放されようと反発し、もがきますが。

いざ、自由でいいよ。
と言われると、最終的には自分自身で殻を創り、閉じこもってしまいがちです。

また、気づかない縛りに対しても、自分で創ってしまう殻の代わりに捉えるのか、むしろ心地良さを感じてしまう傾向にもあります。

ただそういう縛りは、食習慣や、生活習慣、思考習慣などの不自然な状態が続いていくと、心身の健康がいつか破綻してしまうのと同様に、徐々にその影響が進み、どこかで一気に溢れ出してしまうことが起きます。

人間界のそこここに見られる状態ですね。

最高値の能力を引き出していくにも、夢などの実現力を高めていくにも、どれだけ自然界のルールの中での、自由をどこまで大きなスケールで使えるかです。

人間が考えている以上に自然界は自由です。
ただ自由であるがゆえに、個々の高い能力の発揮も要求されます。

中途半端にやっていると、自然界では簡単に淘汰されますからね。

自然界の本来の自由を享受しようとしないケースは、人間や自分自身が創った縛りや枠を理由に、その自由の海原に踏み出そうとしないケースは、また、させないケースは、自分自身の自信のなさの現れと考えて間違いないでしょう。

自然界の自由をどこまで謳歌できるかが、人生の大きなテーマにもなるでしょう。

自分で縛っていることには、多くの場合気づかないか、気づかないふりをしてしまうのが人間ですが。

他人や環境に縛られていることに気づくと、殻を破るという表現よろしく、それを破っていこうとしがちですが、これでは破った先で、また自分自身が困ることにもなりますし、どんどん追われるような感覚にもなるでしょう。

枠や縛りは、超えていくことです。

枠や縛りが及ばないような次元に、能力や創造を高めていけば、縛りが追ってくることもありません。

どうぞまずは縛り、枠に気づいてください。

いちばん小さな枠や縛りは、自ら創っているものが多いですから、まずはそこを超えていくことですね。

ひとつずつ、枠や縛りを超えていく感覚をどんどん味わっていってください。

その先には、あなたの素晴らしい夢の実現が待っていますよ!

(浜本哲治)


板垣退助-孤雲去りて(上)(人物文庫)


高知城の銅像 Wikipediaより
高知城の銅像 Wikipediaより

LINEで送る