佐伯 旭の名言 Akira Saeki

佐伯 旭(Akira Saeki)

真理は平凡な中にある。
一朝一夕にことがなるものではない。
一日一日が大事なのだ。

佐伯 旭 Akira Saeki

シャープ二代目社長 中興の祖 1917〜2010


真理は当たり前のように考えられるところにあります。

ただその当たり前をどこまで深く掘り下げ追求できるかで、全ての成否、成就、実現が、そのスケールが違ってきます。

当たり前のことを当たり前にできているか。
その当たり前をどこまで深い意味を持たせたものにしていくか、当たり前が未知の領域にたどり着ける最短の方向でもあることに気づけるかどうか。

これは本当に大きな違いになってきます。

難しい複雑なことをしないと大きな夢、高い目標などが実現していかないと考えている人も多いのが今の人間界でしょう。

どんどん複雑にする方向に向かっている現状を感じてみても明らかですね。

また便利さを追求してきた背景には、楽をして事の成就を実現しようとする発想もあったでしょう。

ただ特に才能の成長、進化などに関しては、人間の基本的な機能や能力自体がほとんど変わっていませんから、いつの時代にあってもその進化の原理は同じで楽をして成就していくものはありません。

単に道具などがどんなに進化しても、それを自然や原理、メカニズムに沿って使いこなすことができるようにならなければ、それで目立った成長、進化は実現しないでしょう。

才能、能力などは道具などより脳の未知の領域をいかに覚醒させ、潜在領域の情報や能力をいかに引き出していくかにチャレンジした方が、はるかに成長、進化には貢献するでしょう。

そういう能力を引き出すのにも、人間は色んな機器を使ったり開発したりしようとしますが、そんなものは必要なく、身体ひとつで、そのままで自然に引き出せるようにできるものです。

何か人間が創ったものを使うことの方が不自然で、薬などと同様に自然の産物である人間の身体には負担をかけてしまうことになるでしょう。

どうぞあなたの無限の可能性を秘めた才能には、シンプルで当たり前のように考えられる、自然界の真理、摂理の方向にその能力を追求していってあげてください。

それで成長、進化が実現するのかと現代人は考えがちですが、そこにこそ最短で最大の効果を生み出す秘訣が眠っています。

これに気づき、見つけ、追求をいかに早く深くまで掘り下げていけるかです。

(浜本哲治)

LINEで送る