アラン・ドロンの名言 Alain Delon

アラン・ドロン(Alain Delon)Wikipediaより

我々の様な好きなことを仕事にしている人間にとって
悩んでいる暇などないんだ。
世の中には好きなことを仕事にできる人は少ないんだ。
好きなことを仕事にできるだけで幸せに思わなきゃ。

アラン・ドロン Alain Delon

フランスの映画俳優 1935〜


好きなことを仕事にできていることは、
本当に幸せなことですね。

ただ、どんなに大好きなことでも、
楽しいばかりではありませんし、
むしろ、楽しいと感じることの方が
少ないと言えるでしょう。

結局のところ、何をやったとしても、
それをものにしていくには、
愉しめるかどうかが最大のポイントです。

愉しむことができなければ、
それがどんなことであっても、
誰かを幸せにするという、
目指すべき事の成就に、
近づいていくことはありません。

また、好きなことを仕事にできないのは、
そうしようとする人が、少ないのが、
最大の要因と言ってもいいでしょう。

人間界では、この仕事という概念が、
いつの間にか、自然界での本来の自然なものから、
何か、手段を得るための特別なものになっています。

それは、今の人間界の不自然なシステムを運営していくために、
半ば強制的に、植え付けられた発想かもしれませんね。

自然界は本来、個々が独立して、
生きていける世界ですし、
個と全体の繋がりも、今の人間界のそれとは、
大きく違う関係でしょうし、
個の存在価値、存在意義、影響力が、
本来、もっと大きなものでしょう。

そして、仕事とは生涯賭けて、
生かされていくために、
大切な誰かを幸せにするという使命のために、
チャレンジし続けることですね。

この生涯を賭けてチャレンジする夢を持つことができれば、
今なにをやっていたとしても、
必ず、大好きなことをして生きていけることになります。

人間界では、職種などの手段にこだわりすぎる傾向にあり、
その好きな職種をやることが、
好きなことをすることだという考えもありますが。

これは、手段を目指していることが、
本来の夢を目指すことではなく、
それでは、必ず行き詰まってしまうのと同じで。

大好きなことをして、生涯生きていけることには、
たぶん、永遠に辿りつけないでしょう。

好きなことという、好きが、
多分に感情的な要素が入っていて、
とてもわかりづらくなっていますが、
感情的な好き嫌いではなく、
やりがいを感じるかどうかという観点を、
感じてみた方がいいかもしれませんね。

感情に振り回されると、
まともな結果を得ることができないのが人間ですが、
感情的な好き嫌いで、やることを選んでいくことは、
まさに、感情に振り回されるのと同じでしょう。

本来の好きなこと、やりがいのあることに、
遭遇するのは簡単です。
目の前の縁のあったことを、
手段を得る方法という発想から脱して、
本来の夢のために、極めていくことだという、
発想に立ってみること。
そして、チャレンジしていくことですね。

そうすると、あなたが本来持っている能力が、
引き出されてきますので、
必ず、やりがいのあること、好きなことに、
めぐり逢うことになります。

ぜひ、生涯を賭けて実現する、本来の夢を明確にして、
目の前のことに、とことん向き合ってください。

必ず、あなたがめぐり逢う運命にあった、
あなたにしかできない、
多くの人を幸せにできる、本来の仕事に出逢えますよ。

(浜本哲治)


太陽がいっぱい