アイスキュロスの名言 Aischylos

アイスキュロス(Aischylos)Wikipediaより

賢い人とは多くのことを知る人ではなく。
大事なことを知る人である。

アイスキュロス Aischylos

古代アテナイの三大悲劇詩人のひとり アッティカ悲劇の確立者 紀元前525〜456


自然界の大切なことを知ることは、より必要なことを多く知り得ることにもなるでしょう。

特に現代は有象無象の情報に溢れていて、人間界全体が自然から離れ、自然界のリズムや流れが見えなくなっているので本質を外れているものが多くなっています。

そういう情報などを多く抱えていても、混乱するばかりであまり役立つことはないでしょう。

これも自然界の真理のひとつですが、一点を自然に沿って深く追求していくと、ちょうど穴を深く掘るのと同じで、幅広い多くの知識を効果的に得ることができます。

単に間口を広げるだけでは、なかなか達人の域に到達していくことは難しいでしょう。

もちろん間口を広げるという一点に特化して、間口を広げることの達人という追求の仕方もありますね。

いずれにしても、自然界のシンプルで深い真理、本質を知ることが最も大切なことです。

その真理、本質の方向に深く深く追求していくことが、自らを磨くことにも夢の実現にも繋がっていきます。

もちろんその追求も自己満足を超えて、大切なだれかの幸せのため。という領域に入っていくことが重要ですね。そのことで生かされるためには。

これも自然界の真理、本質のひとつです。

アイスキュロスさんのこんな言葉もありました。

真理の言葉は単純である。


溢れかえる有象無象の情報に翻弄され、複雑化の一途をたどる人間界は明らかに自然界の本質、本来の姿から離れていっています。

そんな人間界の中でも自然界の真理は何よりも優先されて働きますから、すぐにでもあなた自身を変えていくことはできます。

一人でも多くの人が自然界の真理に気づき実践していけば、人間界全体も必ず変わっていきます。本来の進化の道をたどり始めていきます。

まずはあなた自身が気づき、本来の進化に向けて動き出すことですね。

これまでに紹介したアイスキュロスさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る