アルボムッレ・スマナサーラの名言
Alubomulle Sumanasara

アルボムッレ・スマナサーラ(Alubomulle Sumanasara)

幸福になりたいなら、
自分の「幸福になりたい」という意志で、
幸福になるように行動すればよいのです。

アルボムッレ・スマナサーラ Alubomulle Sumanasara

スリランカ出身の僧侶 1945〜


自分に関わる現象は、必ず自分の中に原因があります。
現象には、必ず原因がある自然界の法則は、
しっかりと理解していくことが大切ですね。

夢の実現には、実現に繋がるエネルギーの放出が必要ですが、
原因を創り続けていけば、必ず実現していくとも言えます。

また、どんな感情に触れる現象との遭遇も、
その原因となるエネルギーは、すべて自分の中にあります。

そして、遭遇する現象自体を引き起こすのも、
エネルギーそのものですが、

たとえどんな現象であっても、
その捉え方で、まったく意味の違うことに、
なってしまうものですが。

その捉え方も、エネルギー、原因そのものですね。

幸せに関しては、
何かが得られたり、どこかに辿り着くことで、
幸せを感じるものではありません。

幸せは、常に過程の中の今にしかないことも、
自然界の原理ですから、
その幸せを感じる行動にしていくには、
わくわくできる夢を目指してチャレンジしている、
今にしていくことですね。

まさに、幸せを感じたいという思いに、
自然界の原理原則を知り、あてはめて、
具体的にその原因となる、行動を起こしていくことです。

どんな現象の中にも、様々な面があります。

同じ現象、行動の中に、幸せを感じられる部分もあれば、
そうは感じられない面もあるでしょう。

そのどこを捉えられるかも、
原因は自分の中にあるということの象徴ですね。

全てのやるべきことを、
愉しんでいくことも、まさに因は我にありですね。

スマナサーラさんの、こんな言葉もありました。

祈るくらいなら努力してください。


人生には「岸まで漕ぐぞ」という覚悟が必要です。


それぞれに、自然界の真髄を言い表しているでしょう。

全ては、エネルギーに共鳴して現象が起こり、
原因があって、結果がある。
その全ての原因も、放出されるエネルギーも、
自分の中にあるということですね。

自然界の普遍の真理は、
ぜひ、体得、実践していってください。

知識だけでは意味がありません。

あなたの素晴らしい才能には、
自然に沿った実践が、何よりも大切なことですね。

(浜本哲治)


怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)