渋沢 栄一の名言 Eiichi Shibusawa

渋沢 栄一(Eiichi Shibusawa)Wikipediaより

一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。

渋沢 栄一 Eiichi Shibusawa

幕臣 官僚 実業家 東京証券取引所設立 日本資本主義の父 1840〜1931


日本資本主義の父と言われた渋沢さんが、充実した人生にするため成功するための第一要件として挙げているのが。

「天命を楽しむこと。」

私たち一人ひとりには、それぞれにこの世に生を受けて果たすべき役割、使命が必ずあります。

そして、この天命を果たすことを目指していれば、必ず生きていくことが出来ます。
精神的にも経済的にも充実するということですね。

まず、この天命を早く感じて見つける必要があります。

まだ、見つかっていませんか?
大丈夫です!
必ずあるものですから、探す心さえあればいつかは見つかります。

そして、その見つけ方ですが。
いちばん確実な方法は、自分自身が好きなこと得意なこと。これを追求していくことですね。

それを追求できない環境、状況でしょうか?
何が好きなのか、やりたいのか分かりませんか?

それでも大丈夫です!
少し回り道になったり、時間がかかりますが、天命には運命によって導かれますから。

運命は、牧場のシープドックのようなものです。
迷える子羊をしっかり小屋に導いてくれます。

まだ、迷える子羊の状態であれば、今目の前にあることに真剣に取り組んでください。

大切なことは真剣に全力でやることですよ!
中途半端ではなかなか天命は見えてきませんね。

立ち止まってしまってはどこにも辿り着けません。
ノロノロと歩いていては時間がかかり過ぎますし、運命の声が聴こえなかったり感じにくいでしょう。

運命は障害に衝突させたりして、間違った方向に進んでいれば軌道修正をしてくれますが。

全力疾走でぶつかるのと、ノロノロでぶつかるのとでは明らかに感じ方が違ってきますね。

そして衝突した運命が、どう導こうとしているのかを感じてください。

起こることにはすべて深い意味があります。
痛いとか、辛い、悲しいを感じるのではなく。

天命の方向を指し示しているのだとしたら、じっくり楽しんで吟味したくなりませんか?

ストレスに感じる必要はもうありませんね。

天命に向かうのだとしたら、方向を変える勇気も出てきませんか?

同じような障害でも、天命に向かっている時と全く違う方向に進んでる時とでは、その障害の感じ方が明らかに違いますね。

天命を生きることが最高の人生になります。
どうぞ一刻も早く見つけてください!

天命を果たし切るための時間は限られています。

(浜本哲治)

2024年度発行予定の一万円札見本 Wikipediaより
2024年度発行予定の一万円札見本 Wikipediaより

LINEで送る