オリバー・カーンの名言 Oliver Kahn

オリバー・カーン(Oliver Kahn)Wikipediaより

限界があるのはわかっている。
そんなことは問題ではない。
限界がくるまでどれだけ完全燃焼できるかが重要なんだ。

オリバー・カーン Oliver Kahn

ドイツの元サッカー選手 ゴールキーパー 1969〜


人生に最期の瞬間があるように、例えばアスリートにも寿命があり、たとえ人生の最期の瞬間までやっても物理的な限界があることは否めません。

ゴールがあるからこそ、そのゴールの瞬間までにどこまで到達できるかが大切なことになります。

一日にも時間的な縛りがありますから、今日できるようになることにも自ずと物理的な限界がありますが。

明日が与えられれば、今日を超えていける可能性は無限にあります。

どこまで自分を超え続けていけるかですね。

自分自身の能力的な限界は、多くの場合自分自身で創ってしまっています。

かりに自分以外の人が決めたとしても、それを受け入れて諦めてしまうのは、他の誰でもない自分自身ですね。

また手段にこだわることもないでしょう。

自分自身の心が掴んだ道が見えてきたら、どこまでもその先を追求していくことです。

今いる場所から可能性は無限に広がっていますし、あなたにしか開拓できない領域が必ずあります。

人生の最期の瞬間にたどり着いていたい夢に向けて、一本道を突き進むことですね。

それが誰かを幸せにすること、夢や希望を与えられることであれば、自分を超え続けていくことですね。

そういう目指す夢を授けてあげれば、あなたの才能は嬉々としてチャレンジし続けてくれますよ。

オリバー・カーンさんのこんな言葉もありました。

不安に押しつぶされる選手もいるが俺は不安だからこそ動けるんだ。
プレッシャーこそ俺を突き動かす原動力なんだ。


これまでに紹介したオリバー・カーンさんの言葉です。

(浜本哲治)

アリアンツ・アレナで行われた引退試合の様子 Wikipediaより
アリアンツ・アレナで行われた引退試合の様子 Wikipediaより

LINEで送る