クロード・ドビュッシーの名言 Claude Achille Debussy

クロード・ドビュッシー(Claude Achille Debussy)Wikipediaより

言葉で表現できなくなったとき
「音楽」がはじまる。

クロード・ドビュッシー Claude Achille Debussy

フランスの作曲家 1862〜1918


どんな才能、能力の追求も、
限界を感じたところからが、
本当の追求になっていきます。
ここからが本当に面白いところですね。

限界を感じること、行き詰まりを感じることは、
決してネガティブに捉えることではありません。
むしろ、喜ぶべきことだと言ってもいいでしょう。

限界を超えていくには、
思考を超えていく必要があります。

思考で考えうる領域を超えていかなければ、
直面している壁は、越えては行けないでしょう。

元来、壁や限界などは、
思考が創りだしているもので、
無限の可能性のある自然界では、
限界はないことになります。

言うなれば、限界は単に思考の限界、
解明できている部分の限界があるだけです。

そこを超えていくには、
限界を感じ、行き詰まった先に、
必ず新たな境地があることを、
自然界のメカニズムとして知り、
体感しておくことですね。

そこにあるものだという前提で進むのと、
ないと考えて進むのとでは、
その新境地に出会える可能性が、
明らかに違ってきます。

また、思考に囚われることに、
慣れてきた人間界では、
思考に囚われている限り、
常にすぐに限界を感じてしまうものですから、
いつも思考の囚われを手放していくことは、
実践していく必要がありますし。

可能な限り、思考自体を手放し、
思感に委ねていく習慣を、身につけていくことですね。

このチャレンジは、
あなたの才能、能力を大きく開花させるために、
非常に重要なものになるでしょう。

ドビュッシーさんの、こんな言葉もありました。

芸術とは、最も美しい嘘のことである。


音楽は色彩とリズムを持つ時間とからできている。


音楽から科学的なものを
取り除かなければならない。


私はスペシャリストを好まない。
私にとって自分を専門化することは、
それだけ自分の宇宙を狭めることだ。


それぞれに、本当に深い言葉ですね。

(浜本哲治)


伝記 クロード・ドビュッシー