上柿元 勝の名言 Masaru Kamikakimoto

上柿元 勝(Masaru Kamikakimoto)Amazonより

一流の料理人である前に、一流の人間であれ。

上柿元 勝 Masaru Kamikakimoto

元ハウステンボス総料理長 日本のフランス料理界のリーダの一人 1950〜


自然界でより高くを極めようとすれば、まず大切なことは、人間界のローカルルールより、自然界の基本ルールを習得していくことです。

というより、より早く、高いレベルの技術的なことを習得していこうとするのであれば、自然界の基本ルールに沿っていくことですね。

どうも人間界では、伝える方も学ぶ方も枝葉末節を重用し過ぎて、ありがたがる傾向にありますね。

そんなことを数多く、多くの時間を割いて学ぶより、自然界のシンプルな本質を知り、極めていこうとした方が遥かに、夢の実現はもとより才能、能力の進化に有用だということは本当にたくさんあります。

現代では一流という観点も、かなり自然界の自然とはズレてきているでしょうね。

表面的な技術的なことなどや環境的なことなどを装うことは、真の一流とはほど遠いものです。

その勘違いは、真の健康が、健康になるということがどういうものであるかを、全く違う方向に捉え、そういう方向にまだまだ社会全体が向かっていることを見ても明らかでしょう。

全体の流れは、個の反映ですからね。

あなたの素晴らしい才能、能力は、あなたにしか到達することのできない境地に至り、達人、一流と目されるレベルに必ず到達することができます。

ぜひ真の一流を、自然界の王道を進み極めようとチャレンジしてください。

王道とは、自然界の自然に沿っていくことです。

どんなに自然界の自然から離れて遠くまで来ていたとしても、いつからでも自然に立ち戻ることはできます。

そのことがどれほど心身の健康にも役立っていくか、才能、能力の進化を目覚ましいものにするかを、ぜひ体感していってください。

上柿元勝さんの、言葉をいくつか紹介します。

大切な食材を失礼のないように使う(ありがとうと言う)


旬の食材でもてなすこと。


土も水も空気も大切。


本物を知ること。


行政だけに頼らないこと。


これまでに紹介した、上柿元勝さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る