ハーバート・ケレハーの名言 Herbert D. Kelleher

ハーバート・ケレハーWikipediaより

恐れではなく愛によって結束するとき、
会社は強くなる。

ハーバート・ケレハー Herbert D. Kelleher

サウスウエスト航空の共同創立者 1931〜


これは、あらゆる組織に言えることでしょう。

もちろん、家族においてもそうですし、
自分自身をひとつの集合体と考えても、
間違いなく言えることですね。

ただ、怖れなどで縛った方が、
すぐに効果を感じられたり、
思うように、コントロールできるような、
錯覚にとらわれてしまうことから、
人間界では、依然として怖れを主体にした、
組織がまだまだ多いですね。

本質にアプローチするより、
表面的な体裁を整えるようにしてしまう、
人間の進化の途中である姿が、
こういうところにも、象徴的に現れています。

これは、健康においても言えることですね。

病は恐れるものではなく、
むしろ、大切なことを教えてくれている愛です。

恐れと捉えるか、愛と捉えるかで、
その後のアプローチは、全く違ってくるでしょう。

人間界の場合は、恐れと捉えているので、
排除する、闘うという手段を取ることが、
多くなってしまっていますが。

病などは、排除しても、闘っても、
根本的な解決になることはなく、
むしろ、悪化していくことになります。

また、このことは、
植物たちや、子どもなど人が育つのを、
見守っていく中でも言えることです。

問題と思わることが発生した場合に、
それを恐れの対象として捉えてしまうので、
人間は、すぐに排除しようとしてしまいます。

植物たちが、虫たちに食べられてしまうから、
虫を排除してしまおうとすること。

子どもたちに悪影響を与えかねないものは、
できるだけ排除して、子どもたちに
触れないようにしていこうとすること。

これでは、決して、
問題の解決にも、根本的な是正にもなりません。

自然の循環の中で、植物たちが健全に育たない、
子どもたちに悪影響を与えるのは、
自然の環境から、ほど遠い環境にしてしまっていることが、
根本的な原因になります。

現象は、そのことを教えようとしています。

そして、その原因は、
決して、全体の大きな問題ではなく、
愛を持ってすれば、
目の前の状況から、いくらでも変えていけるもので、
一人ひとりが、目の前の状況を変えていくことで、
全体が変わっていくものです。

すべての現象は、愛と捉え、愛を持って対処する。

これができていけば、
あらゆることが、自然の循環の中で、
健全に、大きく育っていきますよ。

根源、本質に、
愛でアプローチしていくことほど、
愉しいことはありません。

(浜本哲治)


破天荒!