プブリウス・シルスの名言 Publilius Syrus

プブリウス・シルス(Publilius Syrus)

変更できない計画は、悪い計画だ。

プブリウス・シルス Publilius Syrus

古代ローマの喜劇作家 紀元前46〜29年頃活躍


無限の可能性のある自然界で、
何事も固定化してしまうことは、
夢などの実現の可能性を、
狭めてしまうことになります。

無限の可能性があるということは、
完成や完璧が存在しないということです。

常にさらなる高みが、そこにあるだけです。

そんな自然界では、
ロケットなどの打ち上げで、
目的地にたどり着かせるのと同じように、
常に軌道修正をしていくことが、
自然界での、自然なチャレンジになりますね。

そして、より早く、確実に、
目的地に到達していく、
重要な秘訣になりますね。

極端に言えば、
到達点さえ、明確になっていれば、
その過程には、必要以上に囚われないことです。

手の上げ下げまで、
計画で決めてしまうような、
ものを見かけることもありますが。

自然界では、まず役には立たないでしょう。

夢の場合であれば、
当初イメージした夢を、
確実に実現させていくためには、
その夢自体を、進化させることが、
必要なことになっていきます。

このように、夢さえも、
変化させることが必要なわけですから、
その過程が、変化しないことは、
非常に不自然だと言えるでしょうし、
実現力は極端に低くなります。

綿密に計画を立てることは、
大切なことですが、
それに囚われすぎないこと。

過程のチャレンジでは、
どんどん感じたもの、感性をフル活用して、
可能性を広げていくことですね。

それでこそ、あなたの素晴らしい才能も、
生きてくるというものですね。

シルスさんの、こんな言葉もありました。

腹の立つようなことは何事であれ
いっさい避けたほうが賢明である。


人は論じすぎて、真実を見失う。


否定しようとすることを、
物静かに拒否することが親切だ。


恩恵に感謝する者は、
恩恵からより以上のものを引き出す。


他人の境遇というものは良く見えるものだ。
同じように我々の境遇もまた、
他人からは良く見えているものだ。


(浜本哲治)


The Moral Sayings of Publius Syrus: A Roman Slave