山下 泰裕の名言 Yasuhiro Yamashita

山下 泰裕(Yasuhiro Yamashita)Wikipediaより

謙虚に他者から学び、常に自らを磨きつづける。
目標には期限を決めて全力投入し、完全燃焼する。

山下 泰裕 Yasuhiro Yamashita

柔道家 ロサンゼルスオリンピック柔道無差別級金メダリスト 1957~


成功のために必要なことがすべて詰め込まれているような言葉ですね。

謙虚に学ぶ柔軟性、しなやかさ、貪欲さを失くした瞬間に人間の成長は止まります。
自分を磨かずに、環境や誰かなどの外に求めていては成功を手に入れることは難しいですね。

もちろん明確や夢や目標のないところに成功はあり得ません。
そして全力投入することなしに中途半端なことをやっていても成功はおぼつかないでしょう。

それぞれにとても大切なことですね。
何かにチャレンジしていこうするのであれば、どれも必要不可欠なことです。

今日この言葉の中で注目したのは「期限を決めて」という言葉です。
夢は持っている人でも、この期限が明確になっていない場合が結構多いものです。

期限が決まらない限り、今やるべきことは全く見えてきません。

例えば何かを10個作りたいと思った時に、それを10日で作り上げるのか、1年かけて作るのかでは今日やるべきことは全く違います。
これが期限がなかったとしたら、たぶんいつまで経っても出来上がることはないでしょう。

日常生活や仕事の中では当たり前にやっていることなのに、自分自身の夢や目標に関しては結構曖昧であったり決められないことが多いですね。

自分の夢に期限を決められない人は、たぶん人生の時間が有限であることを実感として持っていないのでしょう。

「いつか」はまず来ることはありません。

あなたの人生のゴールから今日一日を考えていますか?
もしそれが出来ていないのでしたら試しに一度考えてみてください。

もちろんゴールをいつ迎えるかは誰にも分かりませんが、自分の生きたい年齢に設定してみてください。残りの時間が見えてきます。

ここを曖昧にしていると、たぶんすべてが曖昧になってしまいます。

夢や目標の期限をどうやって決めるのか。
自分がここまでに実現したいというものがあればそれでいいですね。
決められない時は「えいやあ!」で決めてしまうんです。

その期限内に実現しないこともあるでしょう。
でも期限を決める意味合いは、その期限から逆算して今日やるべきことを明確にするところにあります。

その逆算されたやるべきことを毎日積み重ねることが出来ていれば、期限内に達成できなかったとしても早晩その夢は実現していきます。

まず決めることです。
期限のない夢はそれこそ儚い夢、ユメ物語です。
実現させる夢には期限はなくてはならないものです。

あなたの夢は実現できる夢になっていますか?
あなたの人生は時間を最大限、有効に活用できるようになっていますか?

(浜本哲治)

LINEで送る