フリードリヒ・ニーチェの名言 Friedrich Nietzsche

1861年のフリードリヒ・ニーチェ(Friedrich Nietzsche)Wikipediaより

愛せなければ通過せよ。

フリードリヒ・ニーチェ Friedrich Nietzsche

ドイツの哲学者 1844~1900


自然界に生を与えられたもの、さらに言えば存在する物質も、思いなどの想念もそうですが、すべてのものには動きがあります。心拍や電波のような波ですね。

生きていないと思われている物質も、ミクロに見ていくと原子核の周りを動く電子があります。

人間の感情にも起伏があります。常に振り子のように振れています。

これは自然界に存在するものにすべてあるものですから自然なことです。
逆に波がないと不自然だと言うことですね。

波は上下の振動を繰り返しながら進んでいくわけですが、人間を含め生き物の成長は、この波が時間の経過とともに全体で上向いていくことで実現していきます。

人間の特に心の成長が遅いのは、この波の下に振れた時に余計なパワーを使ってしまうことにあります。

感情の起伏があるように、環境であったり状況であったりが一日の中でも、一週間、一年単位でも良い時、悪い時というような波は必ずあるものです。

そしてどうしても下降傾向に入った時に、下に、悪い方に振れている時に、そのことに心を強くフォーカスして、何とか良くしよう、これ以上下げないようにしようと心身ともに力を使ってしまいます。

もちろんどういう状況でも、出来ることに精一杯チャレンジすることはとても大切なことなのですが、必要以上にその状況、状態を嘆いたり、心を乱したり、いつまでもそのことに心をフォーカスしてしまう傾向にありますね。

波を上下の振幅全体で上昇させるには、簡単な原理で言えば、下への振れを少なくして上への振れを大きくすればいいんです。

そしてこの波の特徴はフォーカスすると増幅します。

下降傾向の状況に、心の状態にいつまでもフォーカスしていると上昇傾向に入っていくのが遅くなります。

どうにもならないこと、考えても仕方ないこと、この言葉のように愛せないことはフォーカスすることなく通過するのがいちばんの方法です。

良い時には思いっきりフォーカスして上に増幅させればいいんです。

どうもこの逆をやる人が多いんですよね。

嫌なこと、プラスにならないことには下手には触らないことです。

長所、短所と感じられることも同じですね。
そもそも長所、短所はひとりの人間の主観でしかありませんが、自分自身に対しても、周りに対しても短所と感じられる部分には、実際の目も心の目も閉じるくらいでちょうどいいんです。

唯一コントロールできる自分の心の振幅さえどうにもならないのですから、それが例え子どもであっても自分以外の人を変えることは不可能です。

気づかせることは出来ても、間違っても手を出してはいけません。

自分自身についても同じですね。

あなたの好きなところ、愛せるところにだけフォーカスしていればそれでいいんです。

嫌いなもの、どうにもならないことにエネルギーと時間を使ってるほど人生は長くないですよ。

愛せなければ通過せよ。
素晴らしい名言ですね。

これまでに紹介したフリードリヒ・ニーチェさんの言葉です。

(浜本哲治)

1871年、右からニーチェ、カール・フォン・ゲルスドルフ、エルヴィン・ローデ Wikipediaより
1871年、右からニーチェ、カール・フォン・ゲルスドルフ、エルヴィン・ローデ Wikipediaより

LINEで送る