ダビッド・J・シュワルツの名言 David J. Schwartz

ダビッド・J・シュワルツ(David J. Schwartz)

目標なしで成功した人はいない。
空気なしで生きた人がいないように。
だから、あなたが行こうと思うところに、
はっきりした的を絞ることだ。

ダビッド・J・シュワルツ David J. Schwartz

米国の経営学者 1927〜1987


シュワルツさんの、こんな言葉もありました。

大きな業績を残す人は、
人の何倍も働いたからではない。
大きな結果を考えたからだ。


なぜそれができないかという理由ではなく、
なぜそれができるかという理由を考えなさい。


人間は、思った以上にはなれません。
20:80の法則の働く自然界では、
思ったことの、2割程度の地点にしか到達できません。

そのことを感じて、
夢は実現しないものと考えて、
諦めたり、チャレンジすることを、
やめてしまうケースは多いのですが。

自然界の原理を心得ておけば、
それが自然だと感じられることになります。

思ったことの2割程度の実現が、
思ったことが実現がしていることだと、
しっかりと理解することが大切ですね。

いかに、どうしても実現したいものが、
目指す地点の、2割程度のところに位置するような、
思いを持っていくか。
実現しても当たり前というレベルに、
置くことができるかですね。

目指すことなしに、
その地点に到達できることは、
天文学的数値の確率で、稀にはあったとしても、
まずあり得ないことです。

目指すことで、
そこに至るための方策を考え、
チャレンジしていくというアクションが生まれます。

そして、その思いの強さによって、
思い続ける継続力によって、
どこまでたどり着けるかが決まってきます。

ただ、明確にターゲットが決まらず、
目指す地点が、茫洋としているほどに、
前に進むにつれて、迷うことになります。

大きな、高いところに、
目指す地点を設定することに、
設定する時点で、自分の思考枠で、
制限を設けてしまっているケースが、
本当に多いのですが。

無理だと考える根拠は、
過去や今の自分から、
勝手に未来を見通してしまう、
思考回路がそうさせてしまいます。

目指すものが実現できる根拠は、
いくら探しても、見つかることはありませんが、
同様に、できないという根拠もありません。

ひとつだけ、それを決定するのは、
あなた自身の思いだけですね。

無理だと思ったものが、
実現することはあり得ません。
たとえ、それがどんなに簡単なことでも。

無限の可能性と、
無限に追求できるフィールドがある自然界に、
生きているのですから。

ぜひ、無限に広がる夢を持ち続けてください。

(浜本哲治)


大きく考えることの魔術―あなたには無限の可能性がある