白川 英樹の名言 Hideki Shirakawa

白川 英樹(Hideki Shirakawa)Wikipediaより

偶然の結果でも「なぜ」という疑問を追究したことが新しい道を開いた。

白川 英樹 Hideki Shirakawa

化学者「導電性高分子の発見と発展」により、ノーベル化学賞受賞 1936〜


これは、何事においても言えることですね。

偶然、たまたま遭遇したような出来事ほど、そこには大きな深い意味があります。

すでに再現性を持たせて実行、実践できることは、原因もある程度理解できていることですが。

偶然できてしまって、それを再現できないことは原因がわかっていないからですね。

自然界の現象には、すべて原因があります。

常にこの観点は持って、能力の追求、愛の追求は行うことですね。

そして能力の再現と同じように、それを思考で考えようとすると、なかなか再現できないことが多くなります。

未知の能力、未知の結果ですから、思考の領域では理解できなかったり、再現は難しいことが多くなります。

ここはやはり、思考ではなく思感に委ねていくことですね。

人間はその教育環境の影響が強く、すぐに考え始めてしまいますが、思考を手放す感覚も身につけていくことが、その能力を最大に引き出していく大切なポイントになります。

特にこういう「なぜ?」に遭遇した時は、必要不可欠なものだと言ってもいいでしょう。

偶然のような出来事、奇跡的な現象との遭遇はまたとないチャンスです。

そこから大きな恵みを得ていく秘訣を、ぜひ身につけてください。

あなたの素晴らしい才能で、未知の領域にどんどん踏み入れてください。

白川さんの、こんな言葉もありました。

化学は予期しないことが起きる。
そこで独創性が問われると思います。


学問では回り道も大切。


日本は発想がない民族ではないが、つぶす風土がある。


良く観察をする、ありのままを観ることは
化学ばかりでなく科学全般を学ぶ上での基本である。


これらは、科学や学問だけでなく、
あらゆること、分野で必要不可欠なことですね。

これまでに紹介した、白川さんの言葉です。

(浜本哲治)

2000年10月18日、総理大臣官邸にて文部大臣大島理森(左端)、内閣総理大臣森喜朗(右から2人目)、内閣官房長官中川秀直(右端)と Wikipediaより
2000年10月18日、総理大臣官邸にて文部大臣大島理森(左端)、内閣総理大臣森喜朗(右から2人目)、内閣官房長官中川秀直(右端)と Wikipediaより

LINEで送る