白川 英樹の名言 Hideki Shirakawa

白川 英樹(Hideki Shirakawa)Wikipediaより

化学は予期しないことが起きる。
そこで独創性が問われると思います。

白川 英樹 Hideki Shirakawa

化学者「導電性高分子の発見と発展」により、ノーベル化学賞受賞 1936〜


白川さんの、こんな言葉もありました。

私の分野では、実験をやる能力もかなり要求されるけれども、気分を変える能力もまた、必要だと思います。


学問では回り道も大切。


化学、学問に限らず、あらゆることに言えることですね。

アスリートの世界でもそうですし、日常の全てがそうだと言ってもいいでしょう。

無限の可能性のある自然界では、予期せぬことが起こって当たり前です。

そこをどう超えて行けるかが、大切なポイントになりますね。

そこで、遭遇した現象の、真意を感じ取る能力が、とても重要な能力になります。

また、ついつい思考に偏りがちなところを、思考を手放して、気分転換というか、可能性を見出せる、脳の状態を、創っていくことも重要ですね。

そして、やはり学問に限らず、あらゆることが、色んな道を歩いてみてこそ、洗練された道が見えてくるものですね。

遠回り。
大いに結構ですね。

そこを歩いたからこそ、見える道があります。

たくさんの道を歩いているからこそ、独創性を生み出す、脳の状態が創られていきます。

あなたの素晴らしい能力にも、無限にある可能性を感じていく、環境を整えてあげてください。

他にも、白川さんのこんな言葉がありました。

日本は発想がない民族ではないが、つぶす風土がある。


良く観察をする、ありのままを観ることは化学ばかりでなく科学全般を学ぶ上での基本である。


これまでに紹介した、白川さんの言葉です。

(浜本哲治)

2000年11月3日、皇居にて明仁天皇(手前左)から文化勲章を授与される白川(手前右)Wikipediaより
2000年11月3日、皇居にて明仁天皇(手前左)から文化勲章を授与される白川(手前右)Wikipediaより

LINEで送る