ジョン・ドライデンの名言 John Dryden

ジョン・ドライデン(John Dryden)Wikipediaより

欠点は、表面に浮かんで流れるわらのようなもの。
真珠を求めるなら、深くもぐれ。

ジョン・ドライデン John Dryden

イギリスの詩人 1631〜1700


自分で欠点だと思っている部分には、意識を囚われがちです。

そしてその意識を増幅させることが多くなっています。

欠点だと考えているところは、自分でそう考えているだけで、他の人から見るとそこが長所だと感じられることもとても多いものですね。

にもかかわらず欠点としての意識を増幅させることは非常にもったいないことです。

もちろん逆に長所にも同じようなことが言えるわけですが、長所の場合は自分自身が長所だという意識を増幅させることができますからそれほど問題ではありません。

完璧な人間、自然界の存在はいません。

と言うより、自然界のエネルギーの波や、物事の表裏一体の理からすれば、より完成度を高めていくには、ひとつの価値観の人に長所、短所の両方を感じてもらえる方が自然ですし、総花的にならずに能力を高めていけるでしょう。

自分の感じた一点をひたすら深く深く追求していくことです。

短所の欠点と考えているところには囚われてはいけません。
もちろん矯正、排除しようなどとしてもいけません。

そういうところはそっとしておくことです。

長所の一点の追求の過程で、短所だと考えていったところもどんどん変化していきますからね。

宝石は深いところにあります。
ぜひどこまでも深く潜って、あなたの素晴らしい宝物を見つけてください。

ジョン・ドライデンさんのこんな言葉もありました。

決意は遅くとも、実行は迅速なれ。


なにはともあれ、笑うのはいいことだ。
藁(わら)が人間をくすぐって笑わすなら、それは幸せをもたらす道具である。


自信は、征服できると信じるものを征服することができる。


これまでに紹介した、ドライデンさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る