種村 季弘の名言 Suehiro Tanemura

種村 季弘(Suehiro Tanemura)

みんなが見捨てた場所に宝がある。

種村 季弘 Suehiro Tanemura

独文学者 評論家 1933〜2004


無限の可能性のある自然界では、その可能性を全て追求できている分野はひとつもありません。

必ずどんな領域も、探求、追求の途中です。

それがどんなに深く、探求された分野、領域であっても、さらに奥深い領域がそこにはあります。

多くの場合、与えられた時間がタイムアップを迎えるか、探求を諦めてしまうかで、未開の領域は残ったままになります。

そこにこそ、まさに宝があると考えていいでしょう。

たとえそれがどんな分野の、どんな領域、能力であっても、宇宙の果てがないように限界や果てはありません。

それがあると考えているのは、人間が単に思考で決めつけてしまっているだけです。

どんなに限界を感じても、自然界の本質である、無限に可能性があることは決して忘れてはいけません。

自然界では、そこにあるものとして取り組むのと、ないものと考えて取り組むのとでは、全く違う結果になってしまいます。

どんな状況になったとしても、諦めない限り、探求をやめない限り可能性がなくなることはありません。

ぜひ、潜在能力も可能性も無限に存在することを認識して、それがあることを前提として、全てのことに取り組んでいってください。

そこから引き出される結果に、大いに驚くことになりますよ。

種村季弘さんの、こんな言葉もありました。

ドイツ語の読む=レーヴェンと言う言葉は、本を読むことであると同時に、収穫物をえり分け摘み集める事と、自然の産物を拾い集めることを意味する。


(浜本哲治)

LINEで送る