パブロ・ピカソの名言 Pablo Picasso

パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)Wikipediaより

誰もが芸術を理解しようとする。
ならば、なぜ鳥の声を理解しようとはしないのか。

パブロ・ピカソ Pablo Picasso

スペイン生まれの画家 素描家 彫刻家 1881〜1973


人間の進化は、表面的な成長や、
単に増大するだけでは実現していかないでしょう。

本質的な未知を探求してこそ、
進化は実現していくものです。

人間界では、常態化したことに、
単に盲目的に追従したり、
その延長線上でしか考えられなくなったりと、
未知への探求が希薄になっているでしょう。

創造と言われるようなことでも、
常態化したことの延長線上でしかないことが、
多くなっていますね。

もっと、本質的な部分の、
真の未知を、それぞれの個性で、
探求していくことが、
当たり前のようになっていけば、
人間界も、もっともっと進化していけるでしょう。

鳥や植物たちと交流、交信することは、
決して難しいことではありません。

そして、そこから学べることは、
人間界の増大した不自然よりは、
多くのものを、深く、大きく
学んでいけることに溢れています。

潜在能力を活用することも、
自然に近づくことで、
人間の基本的な様々な能力を、
飛躍的に開発していくこともできるでしょう。

今は科学、医学などが、
全てであり、万能のように考えられている、
節もありますが。

本来、問題を解決していこうと、
探求されたそれらが、
根本的に、何も解決できていないどころか、
より問題を大きくしていることは、
人間の遅々として進まない、
個々の進化と相まって、
むしろ、深刻な状況になっています。

もっと、本質的なところに目を向けて、
根源的な解決を目指すアプローチが、
たくさん出てきてもいいでしょう。

どうぞ、未来を、
過去や今の延長線上だけに見る、
狭量的な思考に陥らないようにしてください。

自然界は、もっともっと可能性に満ちています。

そういう視点で少し探求していけば、
たとえば、実用的な能力開発などは、
いくらでも見つけることができるでしょう。

全く新たな視点でなくても、
常態化した部分でも、
本質や根源に向けて探求していけば、
今を超える領域は、膨大に眠っています。

先人たちが発見し、創造した領域だけで、
生きているだけでは、
自然界の人生は、とってももったいないですね。

あなたの才能と、個性でしか、
探求できない領域、境地は必ずありますからね!

ピカソさんの、こんな言葉もありました。

私はいつも自分のできないことをしている。
そうすればできるようになるからだ。


これまでに紹介した、ピカソさんの言葉です。


(浜本哲治)


ピカソ全集〈5〉幻想の時代 1931〜1945


ピカソ美術館(パリ)Wikipediaより
ピカソ美術館 パリ Wikipediaより