片山 右京の名言 Ukyo Katayama

片山 右京(Ukyo Katayama)Wikipediaより

何でも、頭で考えているうちは、エネルギーが足りない。
頭で考えたことがブレーキになって、全身全霊で真っすぐ生きている人のパワーにはかなわなくなる。

片山 右京 Ukyo Katayama

レーシングドライバー 1963~


この世のすべてのものは、エネルギーの現れですね。

人間が動くのにエネルギーが必要というだけでなく、物質や自然、言葉や思いや波動もエネルギーそのものですね。

そして、このエネルギーは元を正せば、すべて同じものです。

このことは、人間の科学でも解明されようとしているところですね。

このエネルギーをいかに高め、活用していくか。
これがあなたの天才を発掘、研磨して、あなたの夢を実現していくための大きなポイントになってきます。

例えば、同じ物体でも、その物質の位置を変えるだけでエネルギーの大きさが変わってきます。

低い場所にあるより、高い場所にある方が、その物体を落とした時の衝撃が大きくなりますね。

また同じ言葉でも、その言葉にどれだけ思いを込めるかで相手への伝わり方が違ってきますね。

心のエネルギーをいかに高めるか。

風船を空気で膨らませるように、心をエネルギーで充満させることですね。

この心に充満させるエネルギーは、ポジティブな嬉しい、楽しいエネルギーで満たせれば、それは理想的なことですが。

喜怒哀楽のどのエネルギーも、元を正せば同じエネルギーですから、基本的にはどの感情でエネルギーを膨張させてもいいんです。

怒りや悲しみの感情も、その心が囚われている対象からフォーカスを外してあげれば、何にでも使える大きなパワーになります。

喜怒哀楽の感情が激しいこと、怒哀の比率が高くても、決して悲観することはないんですね。

それよりも感情の起伏がない方が、持っているエネルギーが少ないと言えるでしょう。

大人になるに従ってエネルギーが乏しくなっていくのは、感情を抑えつけることが大人だと勘違いしているからですね。

もちろん怒りや哀しみの感情そのままに、破壊的、自虐的な行動を起こすことは愚の骨頂なのは明らかなことですね。

このエネルギーの変換というか、心のフォーカスを外すことは、コツを掴んで習慣にすると病みつきになるかもしれませんね。

いずれにしても、この言葉にあるように頭、左脳で考えているうちは、喜楽のエネルギーでさえ乏しいエネルギーに制限されるでしょう。

エネルギーを増幅させるには、イメージすることです。

これは、怒哀の感情が増幅する経験の方が多いでしょうから、それを思い起こしてみると分かりますね。

感情的であることは、決して悪いことではありません。
むしろ理性的であるより、感情的である方が夢の実現には近いでしょうね!

そして、エネルギーを最大に発揮させるには、そのエネルギーを一点に集中させること。
これも、疑いようのない事実ですね。

あなたが伝えたい相手に、伝わるものはその行為や言葉ではなく。
エネルギーそのものです。

(浜本哲治)

ラルースLC92 Wikipediaより
ラルースLC92 Wikipediaより

LINEで送る