北原 白秋の名言 Hakushu Kitahara

北原 白秋(Hakushu Kitahara)Wikipediaより

子供に還らなければ、何一つこの忝(かたじけな)い、大自然のいのちの流れをほんとうにわかる筈はありません。

北原 白秋 Hakushu Kitahara

詩人 童謡作家 歌人 1885〜1942


子どもはなぜ天才なのか。

それは、自分に限界を創っていない。
というところに尽きるでしょう。

自由に夢を描き、抱くことが出来ます。

これが人間界の経験を重ねていくと、どんどん自分の限界を自分自身で設定してしまいます。

人間界の教育を受け、型にはめられていき、たくさんの困難に遭遇しては自分の可能性を自ら制限してしまい。

いつの間にか、自分が何者であるのかさえ分からなくなってしまっている。

自然や自然の摂理が分からなくなっているのも、自分自身の心を不自然な状態にしてしまっているからでしょうね。

何をするにも自由な世界に身を置きながら、自由に発想、行動が出来ないのも、不自然な枠の中に自分の心を閉じ込めているからですね。

特に、なんでも吸収してしまう子どもの頃に、潜在意識に刷り込まれてしまった制約は、いつまでも残っていくものですね。

この成長の過程で自分自身で設定してしまった限界を取り払うには、かなり心の痛みを伴うものです。

しかしこれは自分自身の意志さえあれば、いくつになってもブレイクスルーすることは出来ます。

まずは自分自身が自由であること、そして限界や制約を創ってしまっているのが、他の誰でもない自分自身だということを認識することです。

今大人になったあなたが、あなたの天才を輝かせようと思うのであれば。

この自分で創ってしまった枠を、ひとつひとつ取り払っていくことですね。

もし何かに不自由さを感じていたとしたら、自分で設定している限界と思っていることはないか、あなたの心と向き合う必要があります。

もちろん人間に与えられた時間や肉体に制限がありますから、すべてのことに無限の可能性があるわけではありません。

そのために、ひとりひとりに天賦の才を与えられているわけです。

好きになる心、興味を持つ心がどこから来るのか。
これは間違いなく、あなたの天才からに他ならないでしょう。

あなたが天才をいかんなく発揮するには、360度視界の開けた自由を認識している、子どもの心をあなたの肉体に備えさせることですね。

自然は、人間ほど自由ではないと思っていますか?
木々や草花は、動けないし喋らない。

しかし彼らは、そこに自分が最高に輝くために必要なものはすべてあることを知っていて。

例えどんな環境に晒されようと、自分を輝かせることを命が尽きるまで諦めることはありません。

心はいつも自由ですね。

そんな、何があっても自由な心を持った自然のことを、本当に感じられるのは、やはり自由な心を持った人間ですね。

さらに言えば、不自由になった人間の心にも、自由とはどういうものかを自然は教えてくれます。開放してくれます。

自然と戯れるとき、童心に還ったり開放的になったりしますね。

あなたの天才を発揮するために必要なものは、自然の中に、あなたの中にあるということですね!

これまでに紹介した、北原白秋さんの言葉です。

(浜本哲治)

北原白秋生家(福岡県柳川市)Wikipediaより
北原白秋生家(福岡県柳川市)Wikipediaより

LINEで送る