フース・ヒディンクの名言 Guus Hiddink

フース・ヒディンク(Guus Hiddink)Wikipediaより

自己の鍛練を怠るな、
さもなくば、人の進歩は止まる。

フース・ヒディンク Guus Hiddink

オランダの元サッカー選手 サッカー指導者 1946〜


ヒディンクさんの、こんな言葉もあります。

自分に投資することを惜しむな。
さもなくば、君の成長は止まってしまう。


可能性に限界のない自然界では、
能力を伸ばしていくことにも限界はありません。

これでいい。
と伸ばそうとするチャレンジを止めてしまうと、
その時点から後退がすぐに始まってしまいます。

変化し続ける自然界で、
変化、進化することを止めることは、
退化を意味します。

今がどんなにレベルが高い能力を発揮しているとしても、
そのレベルは、あっという間に当たり前のレベルになっていきます。

常に進化を目指してチャレンジしていてこそ、
自然の流れの中で、成長、進化を実現していけます。

能力に、これでいいというレベルはありません。

それを考えたとしたら、
単に目指すものを見失っているだけです。

果てしなく上のレベルというものが、
自然界には存在します。

その目指すものが明確に見えていなければ、
人間はチャレンジを簡単に止めてしまいます。

能力の限界を言い訳にするケースもありますが、
本来目指すべき夢を持てていなければ、
手段を目指すようなチャレンジでは、
簡単にこの言い訳が出てくるでしょう。

真の夢を目指していれば、
そこへのアプローチは無限にあります。

単に鍛錬する、トレーニングすると考えても、
なかなか実践し続けることはできないものです。

やはり、自然界の自然に沿って、
本来目指すべき、真の夢を鮮明に持って、
チャレンジしていくことですね。

どうか、あなたの素晴らしい才能には、
真の夢を授けてあげてください。

(浜本哲治)


ヒディンク自伝―韓国を変えた男