エドワード・ブルワー=リットンの名言 Edward Bulwer-Lytton

エドワード・ブルワー=リットン(Edward Bulwer-Lytton)Wikipediaより

人は幸福を求めて放浪するが、幸福はつねにごく身近に、私達の手の届くところに見いだされる。

エドワード・ブルワー=リットン Edward Bulwer-Lytton

イギリスの小説家 劇作家 政治家 1803~1873


幸せがどこか遠くにあると錯覚している存在が多くなっているのが人間界でしょう。

目指すものを実現した時、得たいものを得られた時など、何かを達成すれば幸せが訪れ、続いていくものと考えがちです。

幸せは目の前にしかありません。そして常にそれを感じることができます。

自然界で感じる幸せですから、自然に沿ったチャレンジをしていけばすぐにでも感じられるようになります。

真の夢を目指してチャレンジを始めていけば、そこに幸せが幸せだと感じる心が溢れ出してきます。

このことに気づかず、他のどこにもない幸せを見つけようと、不自然なストレスと不自然な疲労を積み重ねているケースがあまりにも多いです。

目の前の幸せに気づき、感じられるようなチャレンジができていけば、それは未来の幸せにどんどん繋がっていき、幸せは増幅し積み重なっていきます。

常に目の前にしか幸せはありませんからね。

ぜひ自然界の真理に気づいてください。

幸せが溢れてこないチャレンジや、ないところを探していつまでも見つからずに、不自然なストレスを溜め込んでいくことはすぐにでも手放していってください。

たった今からでもすぐにできることです。

エドワード・ブルワー=リットンさんのこんな言葉もありました。

ペンは剣よりも強し。


青春の辞書に失敗ということばはない。


およそ事業をなすのに必要なのは、能力ではなく、それをやり遂げるという決心である。


これまでに紹介したエドワード・ブルワー=リットンさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る